読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

「迷家-マヨイガ-」 第6話 感想 - 童歌の歌詞「なきわななき」を変換すると?

迷家-マヨイガ- アニメ感想・アニメ関連の話

「迷家-マヨイガ-」第6話 「坊主の不道徳」の感想です。

f:id:hisoka02:20160508153221j:plain

あたりまえの話ですが「迷家」第6話のネタバレを含みますので、読む or 読まないは自己判断でお願いします。自己判断できない人は、
処刑、処刑ですっ!(cv:らぶぽん)
(すいません、言ってみたかっただけ)



全体感想

「迷家‐マヨイガ‐」の第6話は個人的にとてもスッキリしました。
迷家はこれまで肝心なところでの寸止めが多く、コレって結局どんな話なの?というモヤモヤが続いていました。しかし今回は寸止めで終わらせずにそれぞれが見る化け物の原因まで説明がされたことにスッキリする気分がいたしました。

迷家は第6話まででいくと、ひとまずはトラウマの話だったようですね。
第6話は話の大半を使い、アーミー2人組(ニャンタ&地獄の業火)、メガネ(美影ユラ)、処刑(らぶぽん)、この4人が持っている人に言いたくないトラウマを、過去回想を使いながら説明する回だったと思いました。


ではまずは迷家第6話の情報整理を。

第6話情報整理

4人組について

らぶぽんを含めて4人組それぞれが見た化け物と、原因となったトラウマについてです。

らぶぽん(処刑の人、cv:加隈 亜衣)

f:id:hisoka02:20160508153507j:plain
化け物:巨大な般若(はんにゃ)
トラウマ原因:借金の肩代わりをし、らぶぽんに虐待をしていたお坊さんが飲んでいた日本酒「般若湯」のラベル。

ニャンタ(女性アーミー、cv:稲川英里)

f:id:hisoka02:20160508153628j:plain
化け物:巨大な
トラウマ原因:イジメの仕返しにエアガンで撃っていたが、逆に反撃にあい頭上の蜂の巣がうたれる。

地獄の業火(男性アーミー、cv:堀江 瞬)

f:id:hisoka02:20160508153724j:plain
化け物:巨大なシリコンオッPイ
トラウマ原因:念願の自衛隊入隊試験合格を目指し、足りない身長を補うためOッパイ(豊手術)に使うシリコンを頭部に埋めるが不合格。

「よお!レンジャー」
地獄君(地獄の業火)にそんな声をかけたら、彼は悲しむんだろうなぁ。
というかこっちが悲しくなってきた…… 

美影ユラ(メガネ、cv:長谷川 芳明)

f:id:hisoka02:20160508153823j:plain
化け物:おもちゃの電車
トラウマ原因:自信過剰で強引に進めたおもちゃの電車の企画が、まさかの納期期日伝達ミスで失敗。社内で嘲笑をかう。


これまで迷家の登場人物には不快感を抱くことが多かったのですが、こうしてトラウマ原因が描かれたら同情の気持ちから少し感情移入するようになってきました。
あ、美影は例外であまり同情できなかったかも……


この4人組がらみのシーンだと、般若が登場するまでの演出がよかったです。

最初は森で孤独ならぶぽんに、「お経+木魚」の音だけがスタート↓
f:id:hisoka02:20160508154235j:plain

彼女が恐る恐る背後を振りかえると↓
f:id:hisoka02:20160508154244j:plain

まずは過去回想で「般若湯」のラベルイラストやエピソード↓
f:id:hisoka02:20160508154309j:plain

次に森の暗がりから化け物が登場↓
f:id:hisoka02:20160508154352j:plainf:id:hisoka02:20160508154356j:plain


きたぁぁっ!とテンションが上がっちゃいましたw
恐怖を煽るお約束な演出に加え、原因(トラウマ)と結果(化け物=巨大な般若)が寸止めでなく最後まで描かれたので、そのあたりが今回スッキリした一因かなと思います。


「迷家-マヨイガ-」のキャラクターは、最初誰が誰やらでした。
しかし話数も進み、だいぶキャラ名を覚えてきました。その理由のひとつは、少人数グループで小分けに描かれるようになったことかなと思います。上に4人組を書いたので、今度は他のグループについて整理してみます。グループ分けは、まあだいたいで。

4人組以外の小グループ

ツアーコンダクター系

ヴァルカナ(cv:鈴木 達央)

f:id:hisoka02:20160508154951j:plain

こはるん(cv:佐倉 薫)

f:id:hisoka02:20160508155008j:plain

ダーハラ(cv:高橋伸也)

f:id:hisoka02:20160508155014j:plain


そうそう、ダーハラといえば今回笑ったシーンが。
みなさんすぐにピンとくるんでしょうね。抱き合うカップルまんべ(cv:間島淳司)とぴーたん(cv:Lynn)の次に、こはるんがダーハラの脇をすいっとすり抜けるシーンのことです ↓

f:id:hisoka02:20160509211906j:plain
f:id:hisoka02:20160509211930j:plain

「大丈夫? こはるぅん
ダーハラの大きく広げたオープンアームズのスカりようときたら……

ちなみに第1話のパーキングエリアには、こんなシーンが ↓
f:id:hisoka02:20160509212209j:plainf:id:hisoka02:20160509212218j:plain

今回ダーハラにとってはトラウマ誕生の瞬間だったかも…… 


動画です↓


あとこの小グループ。運転手を加えていいかな。

運転手(cv:三上哲)

f:id:hisoka02:20160508155423j:plain


離脱系

生死は不明ですが、いま近くにいない人たちのグループです。

よっつん(cv:間島淳司)

f:id:hisoka02:20160508155445j:plain
(かっぱの川流れならぬ、よっつんの川流れした人)

ジャック(cv:三好晃祐)

f:id:hisoka02:20160508155456j:plain
(地下の牢屋から姿を消し、下山組が森の雷鳴下で目撃。マイマイの元クラスメート、だったかな?)

氷結のジャッジネス(cv:阿部敦)

f:id:hisoka02:20160508155509j:plain
(下山中、崖から滑落するように消える)


主人公系

光宗(cv:酒井 広大)

f:id:hisoka02:20160508155723j:plain

真咲(cv:相坂 優歌)

f:id:hisoka02:20160508155741j:plain

颯人(cv:八代 拓)

f:id:hisoka02:20160508155753j:plain
(第1話は「スピードスター」と自己紹介)

リオン(cv:五十嵐 裕美)

f:id:hisoka02:20160508155810j:plain

マイマイ(cv:清水 彩香)

f:id:hisoka02:20160508160051j:plain

この5人は主人公に絡むことが多いってことでグループ分けしました。


今回の第6話。
こはるんから行方不明少女についての情報がもたらされました。新聞記事の朗読部分はこんな感じ↓

― 16歳少女山で行方不明 ―
消息不明になった “あいだ まさき” さん、16歳。
彼女の姿が最後に目撃されたのは、きたつるぐん、やながせ村の農道で……

やながせ(もしくはやまがせ?)村とはナナキ村の隣に位置し、やながせ村までが地図に乗っている場所になるんだとか。真咲は本作重要人物の一人って気配でしたが、これでますます彼女がクローズアップされてきたように思います。



では情報に続き、少し考えたことの方などへ。

わらべうた1

第5話に引き続き、こはるんが突然歌い出すちょっと不気味なナナキ(納鳴)村伝承のうた。歌詞はこんな感じです↓

なきわななき
ねんこつらにくし
わるいまなこをぬいてやろう

今回はこはるんによる歌詞解説がありました。
「まなこをぬく」とは心の内面を引き出すことで、隠し持っているものが形になって現れるという意味。つまりトラウマのことなんでしょうね。
またさらに、「あらわれた物の怪を引き連れ、幼い少女がやってくる」という意味の歌詞もあるんだとか。


参考に童歌にまつわる第1話の画像を↓
f:id:hisoka02:20160508160700j:plain

「たかみめも」のたかみさんが、第1話感想で画像を張っていたのを思い出してお借りしました。

とても面白い記事で、いま読んでも勉強になります。


さて画像の文字を読んで。
まず最初に自分の大きな勘違いに気がつきました。
「なきわななき」部分をこれまで頭の中では「なきはナナキ」みたいに変換していたのですが…… 
そうではなく、

「なき(七鬼)わなな(戦慄)き」

こう変換するのが歌詞本来の意味なのかもしれないですね。
あと「ねんこつらにくし」の意味ですが。ここは、

「ねんこ(眠る子)つら(姿)にく(憎)し」
(だけど食べると珍味)

ぐらいの意味になるんじゃないかと思いました。


光宗と真咲の共通点

第6話では、光宗と真咲に大きな共通点を感じました。結論から先にいえば、
この2人の大きな共通点は本名(名前)
になるんじゃないかと。

第4話のことです。
真咲は光宗との会話で涙していました。
この涙の真の理由はいまだ不明ですが、第6話で “あいだまさき” というひとつの本名が出たことにより、第4話での真咲は、光宗との会話で “本名” 部分に反応し涙したのでは?と思いました。


以下、第4話における2人の会話です。

光宗「真咲さん、これだけはちゃんと言っておこうと思って。光宗ってハンドルネーム褒められたの初めてなんだ。すごく嬉しかった。これ、僕の本名なんだ」
(真咲顔を覆い涙)
真咲「…… ごめん、ごめんなさい」


第4話の視聴当時、真咲は「光宗」というネーミング部分に反応したのかと思っていましたが、第6話を見るとそうじゃなくて彼女は「本名」部分に反応したんじゃないかって気がしました。


なぜそう思ったかというと。
― ナナキ村、聞くたびに “名無き村” ―
そんなふうに頭の中で漢字変換しちゃうことが多かったからです。

厳密には確認していませんが、光宗&真咲以外はハンドルネーム(HN)ですよね。運転手も運転手といういわばHNみたいなものだし。そんなわけで迷家においては、本名使用は大事な要素じゃないかって気がしてきました。 


わらべうた2 - 「なきわななき」を変換すると?

そうすると、上に書いた納鳴村童歌(わらべうた)歌詞の一行目、「なきわななき」の部分。ここは
「なきは名無ななき」
こう変換するのもありなのかなと。

そして歌詞一番最初の3文字「なきわ(なきは)」
この3文字を含めて童歌歌詞の一行目、「なきわななき」を勝手に文字をつけたしつつ変換すると、


「なき(=納鳴ななき村)はななき(=名無ななき者がつどい村)」

(名無き=ハンドルネーム使用者の意味)


これぐらいに省略した変換もあり得るのか?って思いました。
他にも「なきわななき」部分は、ダブルないしトリプルミーニングになっていて、色んな変換パターンを取りながら次の歌詞へとつなげられる形になっている気がします。

まあすかさず、じゃあなんで光宗と真咲はHNじゃないのにこの村に来た?ってギモンが浮かんじゃいますけど…… そのギモンに対しては、
それは光宗と真咲が本人じゃないから ―
だから2人は村に入れる。
そういうパターンもあり得るのかもしれないですね。

いや、その理屈、2人が本人じゃない根拠はよくわかりませんが……


最後に

なんだか好き勝手に適当な思いつきを書いちゃいました。
だいたいこういう思いつきや妄想記事を書いたあとは、激しく凹むってのが私のデフォだったりします。記事アップ後に、違うよな、あ~あ、まぁた間違いをいっぱい書いちゃって ↘ みたいな。

しかし「迷家‐マヨイガ‐」は放送が第6話まで進み、考える楽しみが俄然増してきたように思います。今話にはトラウマというひとつの種明かしがあり、考える範囲が多少狭められたがゆえかもしれません。
「迷家-マヨイガ-」第6話、面白かったです。


ということで。
第5話・第6話に引き続き、第7話以降も感想を書こうかなぁと思い始めました。


PR









TVアニメ「迷家-マヨイガ-」

(STAFF)
原作:diomedea・Ponycanyon
監督・音響監督:水島 努
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン:井出直美
美術監督:渋谷幸弘
音楽:横山 克
アニメーション制作:ディオメディア

(主題歌)
オープニングテーマ「幻想ドライブ」
歌:和島あみ
エンディングテーマ「結露」
歌:片平里菜

(CAST)
光宗:酒井広大
真咲:相坂優歌
颯人:八代 拓
こはるん:佐倉 薫
ヴァルカナ:鈴木達央
リオン:五十嵐裕美
マイマイ:清水彩香
らぶぽん:加隈亜衣
ナンコ:多田このみ
美影ユラ:長谷川芳明
ジャック:三好晃祐
ダーハラ:高橋伸也
山内:鳴海和希
地獄の業火:堀江 瞬
ニャンタ:稲川英里
ソイラテ:Lynn
熱帯夜:中村桜
まんべ:間島淳司
ぴーたん:Lynn
氷結のジャッジネス:阿部敦
鳥安:新垣樽助
ドザえもん:新垣樽助
わんこ:天﨑滉平
トシボーイ:高橋伸也
ユウナ:湯浅かえで
ユウネ:多田このみ
ユウノ:千本木彩花
なぁな:仲谷明香
よっつん:間島淳司
プゥ子:杉浦しおり
運転手:三上哲



他のブロガーさんなど

参照させてもらった他のブロガーさんです。

「たかみめも」のたかみ さん

第1話の感想は貼ったので第2話の方を ↓

「アニメヲススメ」のカリン ちゃこ さん

ツイッターで「迷家-マヨイガ-」をプッシュされている、処刑厨まろぽん@marororon7 さん と同様に、カリンちゃこさんもらぶぽんプッシュで驚きました( ̄▽ ̄) 中の人(加隈亜衣さん)もプッシュ要因のようです。


処刑厨まろぽん@marororon7さんのツイッターも ↓

第6話感想において参考にさせてもらいました。

「にじぽい」さん

サブタイトルの元ネタになった「ことわざ」の記述があったりします。
「にじぽい」(旧:ゆさあに)さんは、アニメ「Charlotte(シャーロット)」の時、ずいぶん参考にさせて頂きました。

「びーきゅうらいふ!」の basiliskos さん

b9life.hatenablog.com

さすが毎回感想を書きているbasiliskosさんは、情報・考察ともに充実していますね。色々とメモを取らせていただきました。




「迷家-マヨイガ-」関連記事



アニメ関連記事



▲ カテゴリー「アニメ感想・アニメ関連の話」に戻る