読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

【2016春アニメ】 から7作品。気になった作品を紹介します(その2)

アニメ感想・アニメ関連の話

来月からスタートする2016年春アニメ。
予習をしながら気になった作品を取り上げる記事の第2弾です。まずはどんなアニメをやるのか、把握するだけでも大変ですね。

第1弾記事はこちら ↓


第1弾と同様、「脳とアニメーション」さんの作品紹介順に準拠しつつ、気になった作品名、キービジュアル、メインスタッフ、制作会社、簡単なコメントなど、手短に7作品ほど紹介します。

参照
脳とアニメーション-2016春アニメ(第2クール)一覧
来期の新作 2016春アニメおすすめ期待度ランキング(4月スタート) - あにたび
【2016年春アニメ】4月スタート新作アニメ番組表一覧 - CUPO


2016春アニメ一覧

おもな2016春アニメ作品の一覧です(タイトルのみ)
赤字は第1弾記事で取り上げた作品、青字は今回取り上げるおもな作品です。


「甲鉄城のカバネリ」
「マクロスΔ(デルタ)」
「迷家‐マヨヒガ‐」
「はいふり」
「キズナイーバー」
「クロムクロ」
「ジョジョの奇妙な冒険」第四部「ダイヤモンドは砕けない」
「僕のヒーローアカデミア」
「文豪ストレイドッグス」
「三者三葉」
「あんハピ♪」

「ばくおん!!」
「くまみこ」
「パンでPeace!」
「Re:ゼロから始める異世界生活」
「ビッグオーダー」
「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」
「坂本ですが?」
「ふらいんぐうぃっち」
「ハンドレッド」
「マギ シンドバッドの冒険」
「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」
「ワガママハイスペック」
「ジョーカー・ゲーム」
「田中くんはいつもけだるげ」
「少年メイド」
「双星の陰陽師」
「エンドライド」
「機動戦士ガンダムUC RE:0096」
「学戦都市アスタリスク」後半クール
「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」後半クール
「テラフォーマーズリベンジ」
「うしおととら」第3クール
「美少女戦士セーラームーンCrystal」第3期<デス・バスターズ編>
「境界のRINNE」第2シリーズ
「SUPER LOVERS」
「宇宙パトロールルル子」
「神撃のバハムート マナリアフレンズ」
「うさかめ」
「薄桜鬼~御伽草紙~(おとぎそうし)」
「逆転裁判」
「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」
「鬼斬」
「12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~」
「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」
「とんかつDJアゲ太郎」
「カミワザ・ワンダ」
「ぼのぼの」


続いて上記一覧タイトルの上から順に沿って、気になった作品を7本ほど(期待度順ではないです)

気になった作品7本

「Re:ゼロから始める異世界生活」

f:id:hisoka02:20160303175400j:plain

通称「リゼロ」。異世界+時間ループもののようです。
原作は長月達平、スタートは「小説家になろう」サイトからでMF文庫Jから既刊は10巻。アニメは2クールで監督に渡邊政治、シリーズ構成に横谷昌宏、アニメーション制作はWHITE FOX

なろうサイトからのアニメ化というと「ログ・ホライズン」や「オーバーロード」、WHITE FOXによる時間ループものというと「STEINS;GATE」(シュタインズ・ゲート)と、これまで個人的にハズレは無かったのですが、さて「リゼロ」はどうでしょうね? 主人公のクセが強いみたいなのでそのへんが好みの分かれるところかも。


「坂本ですが?」

f:id:hisoka02:20160303175525j:plain

原作は「Fellows!」(エンターブレイン)、「ハルタ」(KADOKAWA)にて連載された佐野菜見による漫画で、2013年度「コミックナタリー大賞」第1位、「このマンガがすごい! 2014」(宝島社)オトコ編第2位などを受賞してきた作品。アニメの監督は「銀魂」の高松信司、制作は「昭和元禄落語心中」や「この素晴らしい世界に祝福を!」などのスタジオディーン。

とりあえず第1話は見てみようかなと思っています。最初に出オチ的なインパクトが絶大で、そのあとは飽きが来るかどうかがカギってタイプの作品かなぁ…… 


「ジョーカー・ゲーム」

f:id:hisoka02:20160303175702j:plain

原作は「このミステリーがすごい!」(2008年)で第2位になった柳広司による人気ミステリー・スパイ小説で、昨年(2015年)実写版の映画が公開されました。イントロダクションは、世界大戦の火種がくすぶる昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によってスパイ養成部門 “D機関” が極秘裏に設立されて……というもの。

原作既読のアニキ今泉さん(@aniki_imaizumi)によると原作はかなり面白くて、いっぽう実写映画の方はうーん……という出来だったそうです。私も映画公開当時、軽くググってこの作品は面白そうだなと思いました。好みっぽい予感がビシビシ。

原作が面白そう、かつProduction I.G制作ということで個人的な期待度は高いです。最大のカギは、小説原作をアニメ化する時のハードルの高さになるでしょうか。視聴するのは確実な一本です。


「ふらいんぐうぃっち」

f:id:hisoka02:20160303175950j:plain

原作は別冊少年マガジンに連載中の石塚千尋よる青森を舞台にする魔女漫画。監督はアニメ「神様のメモ帳」の桜美かつし、シリーズ構成は赤尾でこ、アニメーション制作はJ.C.STAFF。
青森が舞台ということで、聖地巡礼対象になるようなロケーションかな? 作品の詳しいことは分かりませんが、個人的に講談社マンガ原作のアニメ化作品はこれまであまり外したことがないので、「ふらいんぐうぃっち」も視聴してみようと思っています。


「機動戦士ガンダムUC RE:0096」

f:id:hisoka02:20160303180335j:plain

元々は「亡国のイージス」などの福井晴敏による小説。アニメの方は全7章+αのOVAになっており、それを今回のTVシリーズでは新規の映像や新曲を採用し、古橋一浩監督が物語を再構成するとのことです。舞台は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」から3年後の宇宙世紀0096年。制作はサンライズ・メ~テレ、脚本はむとうやすゆき。

ユニコーン(UC)は放送枠がニチアサってのが驚きました(放送は4月3日、日曜の午前7時から)
OVAはたしか最初の2巻まで見たのですがよく覚えていないです。この作品はファーストガンダムが好きな人に人気があるようで、同じくファーストガンダム好きの私もこれを機にまた最初から視聴してみようと思っています。澤野弘之さんが担当するOP&EDテーマも楽しみのひとつ。


「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」(第2期)

f:id:hisoka02:20160303180902j:plain

原作&脚本・會川昇、監督・水島精二、制作・ボンズによるアニメの第2期。2期目というよりは分割2クール目って感じでしょうか。アニメの1期目は私にとってやや敷居の高い所がありながらも、終盤に行くに従い面白くなっていきました。
2期では脚本家として虚淵玄さん中嶋かずきさんが参加されるので、そのあたりも楽しみのひとつです。彼らは1話のみのゲスト参加って形かなぁ。


「逆転裁判」

f:id:hisoka02:20160303181022j:plain

こりゃまた発売からずいぶん時間が経ってからのアニメ化で。
原作はCAPCOMの法廷バトルアドベンチャーゲームシリーズ、監督は渡辺歩、シリーズ構成は冨岡淳広、制作はA-1 Picturesになります。

個人的に逆転裁判というと、GBA版の「1」がニンテンドーDSに移植されたときに追加された新エピソード「蘇る逆転」がとても好きで、繰り返し3回ぐらいプレイしました。はたしてアニメでもこの「蘇る逆転」をやってくれるのかどうか…… それが注目点のひとつだったりします。



他の作品について

ここまで第1弾の記事と合わせて合計17本ほど取り上げました。
ここから下は視聴未定の作品になります。

「マクロスΔ(デルタ)」

f:id:hisoka02:20160303181250j:plain

マクロスシリーズって一度も見たことないです。パチスロは打ったんですが。
「マクロスΔ(デルタ)」は30周年を迎えたSFロボットアニメ「マクロス」の新作TVシリーズ。1月に先行放送ずみ、という事実に驚きました。速い……


「ハンドレッド」

f:id:hisoka02:20160303181637j:plain

ラノベ枠その1。原作はGA文庫刊。
「あにたび!」さんいわく、「劣化版インフィニットストラ…、インフィニットストなんとか二代目」とのこと。両作の凄い一致度から、
間違い探しによる話題性ナンバーワン! 
みたいに書かれてますが……
そこまで言われると、逆に話題に乗り遅れないよう最初だけでも見てみようかなと(笑)

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」

f:id:hisoka02:20160303182048j:plain

ラノベ枠その2。原作は電撃文庫刊。
リアルからファンタジーではなく、ファンタジーからリアルにおりてくるいつものラノベの逆設定パターンのようです。視聴は未定。


ラノベに関してだと、私はいわゆる「テンプレラノベアニメ」(もしくは「石鹸枠」と呼ばれる)タイプは視聴がほとんど最後まで続かないです。パターンとしては、ヒロインが3人以上のハーレム、ラッキースケベ、メインヒロインが初登場時に裸、などに該当する作品かな。飽きるのが速いので、テンプレっぽいラノベが原作のアニメは少し割り引いて考えてしまいます。

「ばくおん !!」

f:id:hisoka02:20160303182713j:plain

Kawasaki、SUZUKI、DUCATI、HONDA、YAMAHAのバイクメーカー5社が全面協力する、女子高生バイク漫画が原作のアニメ(「月刊ヤングチャンピオン烈」:秋田書店)。昔バイク乗りだったおじさんにわかるようなネタが多いようですね。

「ビッグオーダー」

f:id:hisoka02:20160303183108j:plain

「未来日記」のえすのサカエによる月刊少年エース連載漫画「ビッグオーダー」のアニメ化。アニメ「未来日記」は全話視聴して、ブログで感想もある程度書いたりしたのですが…… 「ばくおん !!」と同様に、本数的に見られるかどうかってところです。



最後に

上記以外から、2期目以降や外伝の作品などをあげると、

「マギ シンドバッドの冒険」
「学戦都市アスタリスク」後半クール
「テラフォーマーズリベンジ」
「うしおととら」第3クール
「美少女戦士セーラームーンCrystal」第3期<デス・バスターズ編>
「境界のRINNE」第2シリーズ
「神撃のバハムート マナリアフレンズ」
「薄桜鬼~御伽草紙~(おとぎそうし)」

のあたり。
これらは以前からのファンの方にとって楽しみな作品群になるのでしょうね。



ということで。
2回にわたり2016春アニメから気になった作品を紹介してきました。朝のアニメを含めれば、新作春アニメは合計で60本弱ぐらいでしょうか。うん、なかなか把握しきれない。

今後も春アニメの予習を続けつつ。
放送開始までには期待度の高い順にランキング付けした記事を書けたらいいなと思っています。


PR






▲ カテゴリー「アニメ感想・アニメ関連の話」に戻る