読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

マイクロソフトSurfaceの電源コードが “リコール” になったけど問題はそこだけじゃないよね

最近の話題

本日2016.3.1付けでマイクロソフトからメールが来ました。
内容は、Surface Pro、Surface Pro 2と、対象のSurface Pro 3について、AC 電源コードの無償交換をお申し込みください、というものです。

f:id:hisoka02:20160301215653j:plain
(画像はSurface Pro 4)

交換はさまざまな政府規制機関との協力のもとに実施しており、AC 電源コードは使い方によっては、過熱、発火、あるいは感電のおそれがあります、とのこと。


つまり車でいう “リコール” かなと思いました。
SurfaceのAC 電源コードは、下の画像でいうと左が古いタイプで右が新しいタイプ。
f:id:hisoka02:20160301215849p:plain


新しいタイプは丸で囲まれた部分が蛇腹に改良されています。
でも問題はそこだけじゃないんだよなぁ……

わたしが現在使っているSurface Pro 3の電源コードは2本目です。
昨年の4月にSurfaceを購入し、そのわずか3ケ月後に充電が出来なくなりました。これ、原因はコードの断線じゃない? ためしに近所の電気店へと持っていき、お店にあった電源コードを借りたらちゃんとSurfaceの充電ができたので、すぐにコードの断線が充電できない原因だと分かりました。

その後サポートセンターに連絡し、症状を伝えチャットで少しやりとりしたあと、すんなり「新しい電源コードを郵送します」という流れなって現在にいたっています。


私の場合断線したのはおそらくココですね。青い丸で囲ったところ。
f:id:hisoka02:20160301220156j:plain


再度断線するのがイヤなので、青い丸で囲った本体接続側のマグネット端子部分の根元をとりあえずガムテープで巻いています。こんなふうに ↓ 
f:id:hisoka02:20160301220320j:plain


ガムテープによる効果のほどは不明なんですが。
とにかくコードを曲げるな!
その一念で使用の際には注意を払っている状態です。


では、似たような症状をもつ方の画像を無断転載させていただきます。
f:id:hisoka02:20160301220430j:plain
cravelweb.com

この方の記事によれば、コネクタが熱くなりすぎて触れないレベルになるとのこと。こわいですね。今ごろ発火してないといいけど……



ちなみにSurface以外の他のコードはどうなっているかというと。
普通はコネクタの根元部分が蛇腹になったり補強されたりしています。
f:id:hisoka02:20160301220607j:plain


画像の上のコード2本は電気ポットで、下の2本はアイフォンの充電ケーブルです(テーブルが汚くてごめんなさい) 
恥ずかしながら私は、Surfaceの電源コードが断線してから初めて他のコードをしげしげと眺めました。あ、普通はどのコードも蛇腹や補強状態になっているんだ!と初めて気づいた始末。

やはりこの部分は負荷がかかりやすいから欠かさず補強をしておくわけで、そんなあたり前のことがあたり前すぎて却って気がつかなかった、という思いを抱きました。



AC電源コードの無償交換を始めたMicrosoft。
同社が問題にしているのはAC電源コード(電源アダプターをコンセントに接続する取り外し可能なコード、下図の赤枠部分)ですが、そこだけじゃないんじゃ? 問題はむしろそっちじゃなくて本体接続側のマグネット端子部分青枠部分)じゃない?

f:id:hisoka02:20160301221336j:plain


そんなツッコミをマイクロソフトからのメールを読んで抱いてしまいました。というか最初は、てっきりマグネット端子部分(青枠部分)が改良されたので無償交換します、という話なのかと勘違いしたほど……

これから購入予定のある方は、そこらへんを頭に入れてから検討された方がいいと思います。率直に言って私からSurfaceはあまりおススメ出来ないですね。これはスペックうんぬん以前の問題じゃないかと思います。


PR