読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

ハルチカ 第2話 感想 – キーワードだった “ひとり”。弟がパズルに込めた気持ちを想像する

アニメ感想・アニメ関連の話

「ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜」第2話 「クロスキューブ」の感想です。

f:id:hisoka02:20160114215441j:plain

初視聴と再視聴で大きく変わった印象

一回目を見たとき、ずいぶん駆け足で忙しい話だなーと感じました。
しかし視聴後、オーボエ奏者・成島美代子(cv:千菅春香)の弟がパズルに込めた気持ちを想像してたら徐々に印象が変化…… そして二回目は情報を整理しながら。こちらの印象は感慨深い話へと大きく変わりました。

いざメモを取ってみたら、すごい情報量で。
B5のルーズリーフで4ページ目に突入したほどでした。どうりで忙しく感じるはずだ…… これは1話に収めるのに苦労したかも。


第2話にはオーボエのこと、パズルの謎解き、成島姉弟の事情などなど、いっけんバラバラのピースに見える要素が複数出てきました。しかしそれらは決してバラバラのピースでは無く……
ちゃんとお互いにつながった関連性のあるピースだったんですね。たとえばオーボエ奏者らしい性格をした姉。弟はそんな、姉の性格をふまえた上でのパズルを作っていた。そのあたりが第2話で感慨深かった点です。

これからハルチカがどういう話になっていくのか。そういうのを感じることが出来る第2話でした。

f:id:hisoka02:20160114215500j:plain


第2話の要点整理と簡単な感想

では第2話の要点やプチ感想など。
これらを箇条書きで8点ほどあげてみます。


  1. チカはフルート開始から1ケ月半が経過。
    ふーふーな音だけの状態から、ちょっとメロディーを奏でられるように進歩をとげる。
  2. OPいい曲で♪ ハルチカにマッチしてる感じ
  3. ハルタとチカの共通目標は、草壁先生を指揮者として普門館に立たせてあげること。2人が背中越しにそう語り合う場面が良かった。
    f:id:hisoka02:20160114215543j:plain

  4. しかし普門館への道は遠く。
    全国大会(A部門)の吹奏楽部員は最大55人で、30人未満(B部門)では県大会どまり。
    f:id:hisoka02:20160114215637j:plain
    「コンクールまでに、あと何人集めればいいの……?」
    そう語ったチカの声が悲しい。
  5. ハルタは「地獄」な家を出てアパートで一人暮らし中。
    もしや姉3人(みなみ、つぐみ、ふゆの)のせいでハルタは女性に無関心に?
  6. オーボエ奏者の宿命とは。
    オーボエは、奏者の個性で音色が変化するとても繊細な楽器。ゆえに長く続けると息苦しい性格になりがち。成島美代子がそうなのは、それだけオーボエにうちこんできた証でもある。
  7. 成島がオーボエをやめたキッカケは弟の死。
    中学入学までは弟自作のパズルを姉が解いて遊んでいたが、入学以降パズルは疎遠になり、姉は解けないパズルは弟の罰だと考えていた。
  8. 真っ白で難解な「クロスキューブ」 これを解くのに先生とチカがアシスト。
    先生はパズル製作者の心理に対する考察を、チカはパズルから漂う「匂い」と「パズルにサインが無い」ことに気付いてハルタをアシストする。


上の補足として、草壁先生(草壁信二郎、cv:花江夏樹)が語ったセリフを2つ書いてみます。

「もしこのキューブの考案者が、相手がパズルを完成した時には、もう自分は(この世に)いないと悟っていたのなら…… その完成形が正しいんだという証明を、どこかに残しているのかもしれない」
「正しい答えにたどり着けば、自然とそれが姿を現すように出来ているんじゃないかな。その証明を見つけるまでの過程が、そのパズルの本質なんだと思う」

先生のセリフは、パズル製作者の心理に対する考察みたいなもの。弟の心理を代弁する役割になっていました。



f:id:hisoka02:20160114215732j:plainf:id:hisoka02:20160114215739j:plain
んーとふくれるチカちゃん可愛い。ハルタもう少し柔らかい毒舌だといいんだけど……


パズルを解いた要点について

実際にパズルが解けたあと、ハルタが語った要点を箇条書きにしてみます。

  • もしもキューブに「SATOSHI」のサインを書いたならば、白い色の下しかない
  • 考えるべきは、どうやってそれ(白い色の部分)を剥がすかだった
  • 文字が書かれた部分には麻布が貼られ、ジンクホワイトで塗り固められていた
  • ジンクホワイトは、上に油性塗料を重ね塗りすると剥離(はくり)をおこす
  • 剥離には一昼夜かかるから、昨日あらかじめ白の油性塗料で上塗りをしておいた


で……
ジンクホワイトって何? ググってみると、

“ジンクホワイト (Zinc White) とは、酸化亜鉛を主成分とする白色顔料、及び、それからなる絵具”

とのことでした。
( ジンクホワイト - Wikipedia より)

↓ こんなの
f:id:hisoka02:20160114184958j:plain

パズル、だまし絵、デュードニー、ジンクホワイトその他もろもろ。ハルタの知識、ハンパないなぁ~ 


キーワードだった “ひとり”。弟がパズルに込めた気持ちを想像する

1回目の視聴では分かりませんでしたが、再視聴してみると第2話のセリフには、「ひとり」というフレーズが繰り返し何度も何度も登場することに気づきました。「ひとり」は第2話におけるキーワード。私はそのように思いました。以下、ハルタ(上条春太)が成島美代子に語ったセリフを書き出してみます。

「君は(弟自作のパズルを)ちゃんと遊んで解いてあげられたのかい? 
だろうね、今の君には無理だ。
それは君が解決できない問題をひとりで抱え込んでいるからだ。僕たちが一緒に悩んであげる。君の手に負えないパズルがあったら、少なくともこのパズルで苦しむのは君ひとりじゃない」

ではここで想像を。
上に書いた先生の言葉と合わせ、弟がパズルに込めた姉に対する気持ちを、自分なりに想像してみます。


― 姉はおそらく…… ひとりではこのパズルを解けないだろう。
しかしもしもパズルの正解にたどり着けたならば、その頃の姉には一緒にパズルを解いてくれるような友人が出来ていることだろう。姉はもうひとりじゃないハズ。
パズルを解くためにはキューブに油性の何かをつけるような行為が必須。
そんな自分の形見(キューブ)を汚すような行為が出来たならば、姉は自分に対するしがらみから解放されて誰かと一緒に前へと進むことができる。だから、
自分から姉への祝福として “正解だよお姉ちゃん” の言葉を贈る ― 


えっと……
もっと子供らしい言い回しだとは思いますが、弟がパズルをつくる時はこんな気持ちだったのではないでしょうか。ポイントのひとつはパズルを、
姉ひとりだけじゃ決して解けそうにないレベルに設定した事
じゃないかと思いました。
そしてパズルを汚すという正解を導く過程を経たならば、姉は新たな友人たちと共に前へと進むことが出来る。弟の気持ちとしてはそんな感じじゃないかと思いました。

ハルチカの第2話はパズルという謎を解きながらも、同時に人の心理をひもといていくような話だとも感じました。ううむ。深イイ話だなぁ。

f:id:hisoka02:20160114220003j:plain


どっちが小見川さん?!

相変わらず「かえさえ」のキャストが聞き分けられない私(苦笑)
かえさえとは朝比奈香恵(cv:小見川千明)と朝比奈紗恵(cv:宮島えみ)のこと。(まなかなではない)

「花咲くいろは」の「みんこ」(鶴来民子)などを演じた小見川千明さんの声は、とっても特徴的ですぐに分かると思っていました。

ところがハルチカのかえさえときたら……
どっちも小見川さんに聞こえて、今だに聞き分けられないw
そんな似た声質の2人が喋るかえさえの会話は、聞いてて何とも楽しいですね。

いやあ……
似た声質の声優さんがいらっしゃるんだなぁ。なんかアニメの小ネタな気がする(笑)


じゃあそんな2人の見分け方について、内古閑さんのツイートを貼ってみます ↓

f:id:hisoka02:20160114220214j:plain

右が朝比奈香恵(cv:小見川千明)、左が朝比奈紗恵(cv:宮島えみ)、かな?


最後に

ハルチカに登場する「暗号」や「パズル」などは、それを解くという過程によって人の心理をひもといていくための「小道具」なのかもしれない。メインは暗号やパズルの謎を解くことではなく、人の心理を解くことの方にある。

そんな事を感じさせてくれたハルチカの第2話でした。

f:id:hisoka02:20160114220727j:plain


PR






「ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜」

(スタッフ)
原作:初野晴(KADOKAWA 角川文庫刊)
監督:橋本昌和
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクター原案:なまにくATK
音響監督:飯田里樹
音楽:浜口史郎
アニメーション制作:P.A.WORKS

(キャスト)
上条春太:斉藤壮馬
穂村千夏:ブリジカットセーラ恵美
草壁信二郎:花江夏樹
成島美代子:千菅春香
片桐圭介:山下誠一郎
朝比奈香恵:小見川千明
朝比奈紗恵:宮島えみ

OPテーマ 「虹を編めたら」
歌:fhána

EDテーマ「空想トライアングル」
歌:ChouCho

↓ ここに段々部員が増えていくのかな
f:id:hisoka02:20160114223437j:plain



冬アニメ 関連記事



▲ カテゴリー「アニメ感想・アニメ関連の話」に戻る