読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

ハルチカ 第1話 感想 – 私は清楚で乙女なキュートガールになるへえぇっくしょんっ!

アニメ感想・アニメ関連の話

「ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜」第1話 「メロディアスな暗号」の感想です。

f:id:hisoka02:20160107203529j:plain

登場一発目にクシャミさせられるヒロインって(笑)

どこか可愛いらしいものですね。
チカはどんなに澄まそうとしても隙だらけって感じで親しみを覚えました。


Aパートでチカ穂村 千夏ほむらちか、cv:ブリドカットセーラ恵美)は鼻歌まじりに初登場。この時の彼女のアクションを音だけで書いてみると…… 


ふっふふーふっふふー♪
(ぴたっ)
ふあぁーー

えくしゅっ!
……
ずずー(鼻をすする音)


みたいな感じでした。


f:id:hisoka02:20160107203807j:plainf:id:hisoka02:20160107203811j:plainf:id:hisoka02:20160107203814j:plainf:id:hisoka02:20160107203817j:plainf:id:hisoka02:20160107203820j:plainf:id:hisoka02:20160107203823j:plain


何だかこのアクションだけで、早くもこの子(チカ)がどんな子か、少し理解しちゃったようなw キービジュアルだけではピンときませんでしたが、ちょっと親父臭いクシャミをするヒロインってだけで、イメージがガラガラガラガラ。これだけで一気に可笑しみと親しみやすさを覚えるんですから、クシャミパワーというのはスゴいものだなと。クシャミパワー侮れんわ……

さらにチカは、バレー部の勧誘を断る時にもクシャミをしていました。
中学時代のバレー部ではなく、高校からは心機一転憧れのフルート奏者となり、吹奏楽部に入って自分はこれから…… 


清楚で乙女なキュートガールになるへえぇっくしょん!


笑いました。
清楚に取り繕ろう予定が、クシャミパワーで台無しなるの図。
ヒロインについて言葉であれやこれや説明するよりも、親父臭い派手めのクシャミをアクションとして数発させる方が手っ取り早いし、説得力もあるんだなーと。ハクションというアクションでうまくチカを説明していました。
クシャミで加トちゃん連想した……


ハルチカの第1話で描かれた事について

第1話の内容について簡単に箇条書きにしてみます。


  • アバンは高校入学から6つの季節後。
    チカたちは約1年半後に全国大会(普門館)出場が叶うって事かな
  • チカが吹奏楽部に入った動機と、
    吹奏楽部にはチカを入れても部員が5人しかいないこと
  • チカはフルートだけでなく、音楽に関してもド素人
  • ハルタ(上条 春太、cv:斉藤壮馬)とチカは幼なじみ。
    チカに対するハルタのツッコミが激しい(笑)
  • 音楽ネタ(フーガの技法)を入れた暗号の解読。
    結局、赤文字の暗号を書いたのはハルタだった
  • ハルタは吹奏楽部顧問、草壁 信二郎(cv:花江夏樹)に強い恋心を抱いており、今後は、男男女というまさかの三角関係に発展しそう


ラストのホモ展開が衝撃的でした。
「あ な た が だ い す き で す」の暗号を書いたのがまさかハルタだったとは……  

ハルタは自分が書いた暗号を自分が解いたかのように見せた自作自演だったんですね。そういえば先生が黒板を消そうとするとき、毎回ハルタが押しとどめていたような。先生は犯人が分かっていたのかもしれない。

今後、恋愛関係がハルタとチカで描かれるよりも、先生を巡る男男女というまさかの三角関係の方が、面白い展開になりそうだと感じました。


赤文字の暗号解読について少し

黒板に上下2段で書かれた音符と数字による暗号。
これは上段が「子音」(しいん)、下段が「母音」(ぼいん)って感じの暗号でした。

f:id:hisoka02:20160107205241j:plain

(画像は、
ストーリー | アニメ『ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜』公式サイト
より)


暗号解読の結果だけを表にするとこんな感じ↓

ハルチカ 第1話 感想 暗号の意味 画像


音階がキーボード入力時の横方向、数字が縦の段数に対応し、音符の上段が「子音」のアルファベット、下段が「母音」のアルファベットに対応した暗号、というパターンだったようです。うん、これいくら考えても絶対分からないだろうなぁ。


最後のまとめ

「ハルチカ」は面白くなりそうですね。
何というか、安定して面白くなりそうな気配を感じました。

第1話は、意外と内容がてんこ盛りだったと思うんですけど、説明の上手さゆえか、それを感じさせない作りだったと思います。説明の上手さが安定感を感じた理由かもしれない。その代表例のひとつがチカのクシャミだったのかなと。

今後も感想を書くかどうかは未定ですが、「ハルチカ」が今期における楽しみなアニメのひとつになるのは間違いような予感がします。



PR





ハルチカの感想を書かれた他のブロガーさん

「カッパでもレビューしたい」さん

「アリカワブログ」さん

www.arikawashuhei.com

「ミステリーをちゃんと読もう」さん


感想を拝見すると、原作既読な「ミステリーをちゃんと読もう」の小野さんだけ、ちょっとニュンアスが違っていて面白かったです。







冬アニメ 関連記事


▲ カテゴリー「アニメ感想・アニメ関連の話」に戻る