読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

今期アニメ【2015秋アニメ】で最も印象に残っている回は?

アニメ感想・アニメ関連の話

終物語 6話 おっぱい揉むシーン4

今期アニメで最も印象に残っている回

西森ゆうさんによるこちら ↓ の企画に参加させていただきます。


「2015秋アニメで最も印象に残っている回」として、
「終物語」(おわりものがたり)の第6話(そだちロスト 其の参)
を上げたいと思います。

というか「おっぱい」と書いたほうがてっとり早い? 
しかも1シーンのみで恐縮なのですが……
まあ西森ゆうさんが【印象的】であれば良い、と書かれているのでそれに甘えて話を進めます。



「終物語」第6話の取り上げるシーン。
これを簡単に言えば、忍野扇(おしの おうぎ、cv:水橋かおり)が羽川翼(はねかわつばさ、cv:堀江由衣)の胸をブルブルブルッと激しく揉んでいるかように「イメージで連想させるシーン」って感じでしょうか。羽川翼の胸に置かれた忍野扇の掌や指が動くのではなく、かわりに扇の手首から肩までの腕部分だけがブルブルブルッと上下に振動し、激しく揉んでいるかように視聴者に連想させるシーンって感じになると思います。


ではその場面の画像7枚と忍野扇のセリフです。


終物語 6話 羽川のおっぱい1

終物語 6話 羽川のおっぱい2

終物語 6話 羽川のおっぱい3
終物語 6話 おっぱい揉むシーン4
終物語 6話 おっぱい揉むシーン5
終物語 6話 おっぱい揉むシーン6
終物語 6話 おっぱい揉むシーン7


(セリフ)
「その胸部の肉塊で阿良々木先輩を誘惑した割に(推理が進まず大したことありません)、ね。巨乳を謝って頂ければ、私は鷹揚(おうよう)な対応を考えていますよ。
“オッパイに全部栄養を回してしまいました。
年下で後輩の扇ちゃん、この簡単な問題が私にはどうしても解けないので答えを教えてください。もう二度と阿良々木君を横取りしませんから”

とお願いするのであれば、模範解答を提示してあげなくもありません」


上のセリフの後半パートが語られるなか、忍野扇の掌が羽川の胸へと。
彼女の腕の動きはほんの1秒ぐらいですけど、軟体動物の触手が何かを吸い込むような動きにも見えたし、もしくは思い切りフニャフニャにした掃除機のホース部分が何かを吸い込む動きのようにも見えました。

この場面でどういう印象を受けたかというと「笑い」になります。
どう笑ったかというと「表現方法」に笑ったって感じ。
アイデアに笑いました。


普通はおっぱいを揉む描写を入れる場合。
揉む人間の手指(しゅし)が物をつかむような収縮運動で動くか、もしくは手指はあまり動かさずに掌全体が上下運動や円運動をするように描写すると思います。典型的ラッキースケベパターンならば、偶発的にヒロインと主人公が一緒に倒れ込み、主人公の掌がヒロインの胸におかれ、一瞬の間をおいたのちぷにっぷにっの効果音と共に主人公の手指が動くとか。だいたいそんなパターン。

ところが終物語の場合。
揉み手である扇の掌や指は描かず、腕以外が固定したまま腕だけが振動する、という描写を使いました。
翼の巨乳がプルンプルンするかわりに、扇の腕だけがプルンプルンと -

まさにイメージですね。
イメージで連想させるシーン。言いかえれば胸の代わりに腕を揺らす、

「オルタナティブプルンプルン」

とでもいうのか。
(オルタナティブ;Alternative 代替手段の意味。英語はテキトー)


なるほどー
これならばBPOとかの放送倫理にもひっかからないかも。


最後に

また、上記シーンに限らず「終物語」自体面白いです。
視聴はまだ6話なんですけど、「終物語」は推理小説のように凝らされた趣向や、老倉育(おいくら そだち、cv;井上麻里奈)というヒロインもこれまでと一線を画したタイプで面白いです。怪異が出てこないので、そのぶんストーリの自由度が増したってのが一因じゃないでしょうか。

「終物語」の記事をどこかで書きたい……
そう思いつつ時間だけが過ぎていましたが、西森ゆうさんがうってつけの企画を立ててくれたので、それに便乗させていただくことにしました。
結局おっぱいの話かよ!
とは思いますけどね。


そんなわけで。
「2015秋アニメ」の印象的な回は「終物語」の第6話。
扇の腕だけがプルンプルンする「表現方法に笑った」のが印象的

という話でした。


企画に参加された他のブロガーさん

いつも間にか企画参加者が5人にまで増えてる(゚∀゚ )
リンクだけ貼らせてさせて頂きます。

カリンちゃこさんの「アニメについて考えるブログ」

みすたーみかんさんの「破壊こそ創造」

bakatakaoさんの「俺の30代がこんなにキモいわけがない」

ゆっちーさんの「アニメのおすすめなどを語るブログ」




PR