読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

改変期に来期のおすすめアニメをあげるのは無駄なのか? 期待作を考える楽しさがリアルで似ているもの

アニメ感想・アニメ関連の話

2015秋アニメ おすすめ作品を書く楽しさ

2015秋アニメで期待した作品と実際に面白く見ている作品の名前

早いもので2015年秋アニメのクールはもう折り返し地点を過ぎました。みなさんは何松を…… じゃなかった何のアニメを面白く見ているのでしょう?


2015年秋アニメの始まる直前、ひとつの記事を書きました。


記事はどのアニメに期待するか、どれが面白く見れそうか、どれがヒットしそうか、それらを全部ひっくるめたような話です。
ところがいざふたをあけて秋アニメが始まると、いま実際に面白く見ているアニメ(夢中作と名付けときます)は、自分が期待したものと大きく違ったラインナップになっています。いつもの事と言えばいつもの事ながら、アニメの期待作予想はほんと難しい。放送前に期待作としてあげておきながら、2・3話あたりで見なくなってしまう。そういうアニメが毎クール毎クールざらにあります。


では実際に比較して作品名だけをあげてみます。

↓ こちらは私が秋アニメの放送前にあげた期待作7本

  1. ワンパンマン
  2. コメット・ルシファー
  3. ヤング ブラック・ジャック
  4. 進撃!巨人中学校
  5. コンクリート・レボルティオ~超人幻想
  6. 櫻子さんの足下には死体が埋まっている
  7. Dance With Devils

いっぽうこちら ↓ は夢中作。日曜放送のものから順に5本ほどあげてみます。

  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
  • ワンパンマン
  • スタミュ
  • すべてがFになる
  • 終物語


はい、残念ながらワンパンマンしか一致していないです。期待作と夢中作との不一致に、軽い悔しさを覚えてしまうほど。くぅぅ……


f:id:hisoka02:20151115075004j:plain



期待作記事は無駄なのか?

直接言われた訳ではありませんが、私の記事をツイートしてくれた方の意見に以下のようなものがありました。

こういう記事(期待作記事)は無駄だと思う。どうせ予想しても、夏アニメの「がっこうぐらし!」のように予想だにしない作品がくるものだから


正確には覚えてないのですが内容はこんな感じでした。この方がおっしゃるようにたしかに一理あると思います。秋アニメならば「おそ松さん」のようにダークホース作品って毎クールのようにありますから。放送開始前に「がっこうぐらし!」や「おそ松さん」がくることを予想するのは、かなりの難易度でしょう。

では期待作記事を書くことは無駄なのでしょうか?
いいえ、私はそうは思わないです。


その理由はあくまで自分の場合ですけど、ここまで新作アニメの増えた現在、下調べをしてある程度見るアニメを絞っておく必要があるからです。半分に絞っても20本を超えるとか、新作アニメはスゴイ数になってきましたから。で、その下調べの過程でこれは面白そうだとチェックしたアニメの中からピックアップしてランキングをつけたのが最初にリンクした記事になります。一本一本深く考えたわけじゃありませんが、それでもひょっとしたら皆さんのお役にたつかもしれない。そんな気持ちがあったりします。

どの新作アニメに他の人は期待をしているのか?
これは改変期の最大関心事のひとつですので。


また他の理由として、単純に予想することが面白いという理由もあります。
自分はどのアニメに夢中になるだろう? 世間ではどれが話題になるだろう? そんな「未来予測」の楽しさが期待度ランキング記事を書く時の楽しさになっています。


ということでここまでをまとめると。
下調べの結果が皆さんの役に立つかもしれないし、単純に予想すること自体も面白い
この2点が期待作記事を書くことが無駄じゃないと私が考える理由になります。


f:id:hisoka02:20151115075026j:plain


期待作を考える楽しさがリアルで似ているもの

「期待作記事を書く」という未来に対する予想の楽しさ。
これは何に似ているでしょう? リアル社会でいうならば「株」あたりでしょうか。

株初心者からの株取引」さんによれば、株価予測にはおもに「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」が用いられるそうです。

「ファンダメンタル分析」とは企業業績や財務状況などを用いた株価予測、「テクニカル分析」とは株価の動きのパターン性、ローソク足やトレンドライン、移動平均線(MA)などから株価を予測するものになるとのことです。


これをアニメの期待作記事を書いている時の心理に置きかえてみると。
原作の売れ具合やメイン制作スタッフ、制作会社に対する信頼度、さらにヒット作品の傾向(たとえば女子人気を取りそうか?)などから立てる予測はみな、株でいう「ファンダメンタル分析」に該当しそうです。

いっぽう「テクニカル分析」に該当しそうな予測の仕方は……
スマンよくわからん(汗) 難しくて手に余ります。



また期待作記事を書く楽しさは、株以外でいうと「競馬」にも近いと思います。
以前ブログをfc2で書いていた時代、仲間内では一人一人が期待作を3本あげて、それぞれの作品に対して印をつけていました。

使われる印は ◎、〇、▲
印の意味は本命(◎)、対抗(〇)、単穴(▲)になります。

これなどはまさに競馬予測のノリですね。

競馬で馬の血統、戦績による力関係、展開予測、馬場コンディション、コース適正など様々な要素からレースを読むように、アニメでも様々な要素やこれまでの視聴経験、1期・2期のヒット具合などから期待作をあげてみようじゃないか、という企画でした。これがまた難しいんですよね。仲間内を見渡しても、自分を含めてあまり当たってなかったような…… もしかしたら競馬よりもアニメの方がさらに予想が難しいかもしれません。


しかし一発当てさえすれば
ブログにとって最高の循環を生むことがあります。

期待作を視聴したら面白い → 記事を書く → アニメの反響も大きくPV(アクセス)が増える → モチベーションが上がる → 頑張ってまた記事を書く → さらにPVが伸びる

アニメを見て面白いしPVが多くてやりがいも出る。
ブログにとって最高のサーキュレーションです。


とまあ、滅多にないですけど、こんな流れになる時もあります。
今年で上記の流れに該当する作品は、「血界戦線」「シャーロット」あたりでしょうか。もうあれですね、
「一発当てさえすれば」なんて書いている段階でまさに「ギャンブラー心理」 
最近は疎遠ですが、実はわたしギャンブルが大好きな人間です。


でも競馬だけでなく株を含め、さらにブログで「バズる」*1のを狙う、なんてのも広い意味では「ギャンブル」だと私は思います。
ということであれこれ考えてみた結果はというと。


期待作を考える楽しさはリアルの何に似ているか?
様々な要素から未来を予測することがギャンブルの楽しさに似ている。


そういう結論に至りました。
2016年冬アニメについても、時期をみて懲りずにまた期待作記事を書いてみたいです(必ずやるとは言ってない)


f:id:hisoka02:20151114233617p:plain


最後に。今後アニメはさらに増える?

最近気になった記事がありました。

アニメ業界人「原作サイドの出資比率が上がってきてる、ネットで失敗認定されるやつも余裕で黒になってきてる」「そもそもBDの枚数第一で商売してるわけじゃない」 | やらおん!

川瀬P・岩波ら
「Netflixなどが客の囲い込みの為に現在アニメに出資しまくってる。
 これからアニメの本数が一時的に増える。
 ただ、あくまで一時的なブーストなので結局は減っていくと見ている」


Netflixについて知りたい方は↓こちらを



私が気になったのは「これからアニメの本数が一時的に増える」の部分。

え、まだ増えんの?!
今でもメッチャ多いのに!


新作アニメの本数が増えると、改変期の下調べがさらに大変になりそうです。率直にいうとこれ以上増えるのはカンベンして欲しいところ。
まあでもしかし。
ものは考えようです。
アニメが増えれば期待作記事に対する需要もそれだけ増えるかもしれません、もしかしたらですが。


ということで。
2015年秋アニメの期待作と実際の夢中作を軽く比較しつつ、期待作記事を書く楽しさについて考えてみた話でした。


f:id:hisoka02:20151115075053j:plain


PR







秋アニメ関連記事

*1:SNSで急に話題になること。ブログでは大量についたブックマークなどからPVが急伸する事を指すことが多い