読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

すべてがFになる OP曲 歌詞&動画 - OP動画を見て感じたストーリーなど

アニメ感想・アニメ関連の話

f:id:hisoka02:20151025110522j:plain

「talking」はオシャレで気持ちいい曲ですね。
タン!と入ってワウを効かせたギターイントロへ。
Aメロからはベースが目立ち、サビ手前からは半音づつ下降するコード進行が心地いいです。

KANA-BOONによる「talking」は、ノイタミナアニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」のオープニング主題歌。発売予定は2015年11月11日になります。



PR


すべてがFになる OP曲 歌詞&動画

「talking」 動画

歌:KANA-BOON
作詞・作曲:谷口鮪

(動画はすぐに削除されちゃうかも……)


(歌詞)
頭がクラクラすんだ足元フラフラ
こじゃれたシティーポップ
聴きながらブランドのバッグ選んでる
そんな未来は勘弁だ

頭の中のフィクションがだんだん現実に姿を変えていくよ

talking 君と話がしたいぜ
夜明けよもう少し待ってくれ
流れる霧に包まれていたいぜ
talking 君の話を聞かせて
夜明けよまだ待ってくれ
ダービー・フィズ
*1の炭酸が抜けてゆく

重なり合う手 絡み始める手
緊迫感から始まるステップ 
ドキドキドーピングしてるようなアドレナリン

talking その気にさせてよ
talking その気にさせてよ

いま目の前のノンフィクションがメガネ越しに僕をとらえている

talking 君の話を聞かせて
月明かりよもっと照らしてくれ
talking 朝まで君と話がしたい



「talking」の歌詞とサビのコード進行について

「talking」の歌詞について

「talking」の歌詞をネットで探してみたところ、どのウエブサイトでもアニメでかかるバージョンとは違った歌詞で、かつ同じ歌詞が書かれていました。人の事はとやかく言えないんですけど……

みんなほんとコピペ記事なんだなぁ~

上に書いた歌詞は、半分ぐらいが耳コピですので間違っていたらごめんなさい。


歌詞の流れとしては、

頭の中のフィクションが、
目の前のノンフィクションへと変わった。
もっと君と話がしたい。
だから夜よ明けないで -

という感じでしょうか。
「すべてがFになる」のFを、フィクションのFと関連づけて歌詞を書いたのかなと。一夜の出来事に僕はいま心を躍らせている。そんな雰囲気の歌詞じゃないかと感じました。


サビのコード進行について

「talking」のコード進行は、「talking (アニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」OP) (歌:KANA-BOON 作詞・作曲:谷口鮪) - ChordWiki : コード譜共有サイト」を参照したところBメロとサビは同じコード進行でした。

Bメロ、
「頭の中のフィクションがだんだん現実に姿を変えていくよ」
の部分と、

サビ、
「talking 君と話がしたいぜ 夜明けよもう少し待ってくれ」
の部分は同じ。


具体的にコード名を書くと、

Am → G#aug → C/G → F#m7-5 → F

という流れのコード進行。

たとえばベースラインだけをドレミで書けば、
ラ → ソ#→ ソ→ ファ# → ファ
というルートが段階的に半音ずつ下降するラインになっています。このコード進行の繰り返しが「talking」で気持ちいい部分のひとつですね。


f:id:hisoka02:20151025111511j:plain


OP動画を見て感じたストーリー

「すべてがFになる」のOP動画を見て感じたストーリーを簡単に書いてみます。


犀川創平(さいかわ そうへい)のことを西之園萌絵(にしのその もえ)が強引にひっぱり出し、変幻自在な動きをする真賀田 四季(まがた しき)の元へ。
しかし真賀田四季は消えたり現れたり。
新体操のリボンの動き、デジタルっぽい描写、幾何学模様などを取りいれ自由自在な動きをする真賀田四季のことを、犀川創平も西之園萌絵もうまくとらえることができず、
二人は翻弄される -


OP映像はそんなストーリーに見えました。

現時点で「すべてがFになる」は第3話までが放映されたところです。
OP映像は、第3話までの展開と今後の展開を示唆しているように思えます。
今後の展開を示唆しているならばですが。

犀川創平&西之園萌絵のコンビは、真賀田四季にかなり翻弄されることになるんじゃないかなー
アニメではすでに死亡してしまった真賀田四季ですが、それどもアニメでは、


彼女(真賀田四季)の「過去」を描きつつ、真賀田四季の仕掛けたトリックや謎などに、犀川創平&西之園萌絵のコンビが挑むことになるのではないか?


そんな事をアニメ「すべてがFになる」やOP動画を繰り返し見ているうちに予感してきました。


アニメ「すべてがFになる」について

この作品はもしかしたら1話ごとに見るよりも、録画をためて一気に見た方がいいかもしれないですね。毎週1話ごとに見たり、はたまた1話ごとに感想を書いていったりすると、


ネタバレを見たくなる欲求に負けちゃいそう


自分の場合、なんかその誘惑に勝てそうな気がしない(*´σー`)


「すべてがFになる」はなんせ序盤の展開がスローだったもので、第2話はほとんど早送りで見てしまいました。しかし2話の終盤、停電が起こってから急に興味を惹かれ、第3話は面白くなりました。序盤のスロー展開からアニメは2クールだろうと思ったのですが。
実際には1クール(全11話予定)のようですね。

てことはここからおそらく展開がスピーディーになるのでしょう。



ということで。
アニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」

オシャレで気持ちイイOPと合わせ、アニメに対する関心が急速に増してきたよ、って話でした。ノイタミナ枠はほんといい曲が多いですねー


f:id:hisoka02:20151025111724j:plain




「アニメ感想・アニメ関連の話」トップページに戻る


「すべてがFになる」 関連記事




感想を書きはじめました。

*1:ダービー・フィズとはウイスキーをベースにオレンジキュラソーとレモンジュース、砂糖、卵、ソーダ水を加えたカクテルのこと。「ダービー・フィズ (お酒の時間)」 より