読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

Charlotte(シャーロット)の疑問&考察リスト(第9話終了時)

「Charlotte」(シャーロット)

f:id:hisoka02:20150902215341j:plain

これは自分用のメモ書きとしてまとめた記事の続きです。
第9話終了の段階で「Charlotte(シャーロット)」の伏線と思うところや、疑問や考察などをリストとしてまとめたものになります。



PR


Charlotte(シャーロット)の疑問・考察リスト(第7話終了時)

まずは、前回記事へのリンクと取り上げたリストから。赤文字が言及しているポイントです。

A. アニメシリーズ全体の疑問・考察リスト(第7話終了時)

A-1. タイトル「Charlotte(シャーロット)」の意味
A-2. OPのキーワード
A-3. 能力が思春期特有の理由
A-4. 研究所
A-5. 星ノ海学園創設の理由
A-6. 星や宇宙の話へどうつながる?
A-7. 化物とは何か
A-8. ピザソース
A-9. ゲーム画面

B. 人物&能力の疑問・考察リスト

B-1. 乙坂有宇
B-2. 友利奈緒
B-3. 乙坂歩未
B-4. 熊耳(くまがみ)
B-5. 唯一信頼できる人
B-6. 乙坂家3人目の兄弟
B-7. オレンジ髪の女性(目時)
B-8. ドライバー男性
B-9. ZHIEND
B-10. OPの5人
B-11. 父親
B-12. 白柳弓と黒のスーツ2人組
B-13. 病室にいた人物


第6話終了時の記事はこちら↓です。


続いて今回の記事。第9話終了時のリスト↓です。

Charlotte(シャーロット)の疑問&考察リスト(第9話終了時)

A. アニメシリーズ全体の疑問&考察リスト

A-1. タイトル「Charlotte(シャーロット)」の意味
A-2. OPのキーワード
A-3. 能力が思春期特有の理由
A-4. 研究所
A-5. 星ノ海学園創設の理由

A-6. 星や宇宙の話へどうつながる?
A-7. 化物とは何か
A-8. ピザソース
A-9. ゲーム画面 ← これは関係なさそう(苦笑)
A-10. 「タイムリープ」の意味の謎

B. 人物&能力の疑問&考察リスト

B-1. 乙坂有宇
B-2. 友利奈緒
B-3. 乙坂歩未
B-4. 熊耳(くまがみ)
B-5. 唯一信頼できる人
B-6. 乙坂家3人目の兄弟

B-7. オレンジ髪の女性(目時)
B-8. ドライバー男性
B-9. ZHIEND
B-10. OPの5人

B-11. 父親
B-12. 白柳弓と黒のスーツ2人組
B-13. 病室にいた人物
B-14. サラ・シェーン
B-15. 堤内

他の記事と同様に赤文字が今回の記事で言及する部分になります。


A. アニメシリーズ全体の疑問&考察リスト(第9話終了時)

A-2.とA-6.

この2つは、互いに相関関係にありそうな気がしてきました。

A-2. OPのキーワード、A-6. 星や宇宙の話へどうつながる? 

この2つです。

ここに、9話で初登場した研究者のじいさん(堤内)。
f:id:hisoka02:20150830141556j:plain
彼が異端な説を持っていることや、作品名がシャーロットに決まるまでのタイトル候補を加えると、とりあえずの仮説が出来そうな気がしないでもないって感じです。


短く説明するのは難しいんですけど、ひと言でいえばシャーロットの世界は「終わる時(崩壊する時)の決まっている世界」なのかなと。終わりまでの周期があり、それをイメージしたものがOPの時計の「周期」や、彗星の「周期」のイメージ。周期が一周する時、世界は崩壊してしまうのでは?

StudyBunkさんいわく、タイトルがシャーロットに決まる前、タイトル候補のひとつとして「ラプラス」のキーワードがあったようです。


現実の「ラプラス」(Pierre-Simon Laplace, 1749年 - 1827年)は、「条件次第でこれから起こる現象は計算可能」だとしましたが、彼の主張はカトリック勢力から強い反発を浴び、「ラプラスの悪魔」というアンチラプラスのようなキャンペーンがはられるようになり、さらに20世紀の量子力学の登場によって、ラプラスの説(決定論)は、ほぼ否定されるような状態になっていったようです。
私も詳しいわけじゃないので、大雑把な話になってしまい恐縮ですが。

で、シャーロットの今後は、おおよそリアルのラプラスと似たようなストーリーをなぞるのかなと。


タイムリープを駆使して過去を改変しても、はたまた別な並行世界などに移動し様々な行動を取っても、何をやってもすべて「終わる時(崩壊)」の一点に世界は収束してしまう。そのことを知っていてさらに深く関わっているのがシャーロットにおけるラプラス、みたいなイメージです。

ちょっと言いかえれば、シャーロットにおけるラプラスは、シャーロットの世界が「終わる時(崩壊する時)の決まっている世界」だとすべてを見通すが、最後の最後にはそれが覆されるのかも、というそんなイメージです。


なかなかうまく説明するのが難しいですね。
思いっきり妄想を飛躍させたような話になっていますが、上のような異端の説の特にラプラス部分。アニメの世界が「終わる時(崩壊する時)の決まっている世界」だという説を持っているのが堤内になるのかな、というイメージを今は持っています。


A-4. 研究所とA-5. 星ノ海学園創設の理由

「Charlotte(シャーロット)」第10話の予告に、
「能力者の奪い合いだ」
というセリフがありました。
たしかに研究所と星ノ海学園は、能力者及び能力者の予備軍を奪い合っているのかもしれない。

いっぽう第9話の終盤。
熊耳(くまがい)は、彼らの「最後の砦」について「特殊能力の研究施設」だと説明していました。

ですので研究所と星ノ海学園は、
「特殊能力を研究している」
という意味ではその「行動目的」は同じ線の上にあるのでしょう。

A-10. 「タイムリープ」の意味の謎

「世界を変えるっ!!」
隼翼の目に光が射しこみ、星の運行軌跡のような円形の線が彼の瞳孔に現れました。「タイムリープ」発動の瞬間なのでしょう。

f:id:hisoka02:20150902220518p:plain


第9話終了の段階だと、「タイムリープ」発動後、この世界の時間軸がどうなっているのかよく分かりませんでした。
その理由の一つは、乙坂兄(隼翼)の能力が「時移動」ではなく「時移動」だと説明されたからです。

「Charlotte(シャーロット)」に「タイムリープ」が出てくることは、OPにちょっとだけ映るキーワード群から多くの方が予想していたことで、私は「タイムリープ」の意味は、「時間旅行」とか「時間跳躍」の意味だと思い、「タイムリープとは個人がするもの」だとずっと思っていました。


ところが「タイムリープ」が時間ではなく「時空移動」だと説明されたので頭がややこしくなりました。
「空」の意味は「空間」でいいでしょうか。
つまり周囲の空間や星が、丸ごと全部「タイムリープ」するのか?と思ったからです。


ネットだと隼翼が行った「タイムリープ」に対する考え方は、大ざっぱにいって以下の3説でしょうか。

  1. 乙坂兄(隼翼)だけがタイムリープした
  2. 世界全体の時間を巻き戻した
  3. 別な世界へと移動させた


実際には1.は私ぐらいでしたが(汗
私が1.だと思った理由は単純で、兄が「長い長い“俺の”タイムリープ話を始めようか」と言ったので、兄一人で時空移動を繰り返したのかなと思った次第です。

まあなんにしても。
次の回(第10話)にはすぐわかる話なのでしょうけど。アニメでどう説明されるのか今から楽しみです。



余談ですが昨夜のことです。
Charlotte(シャーロット)に関するネタツイートを見かけました↓



Charlotte」(シャーロット)ならぬ「Chibalotte」(千葉ロッテ)
「約束、帰ってくること」ならぬ「約束、勝ってくること」

キャッチコピーとフラッグが秀逸過ぎです。
Charlotte(シャーロット)とChibalotte(千葉ロッテ)は、アルファベットだとかなり近かったんですね。私は物心ついたころからのロッテファンなんですけど、なんとなくロッテファンというのはネタがうまいイメージがあったりします。こんなネタ見せられたら、ベイスターズファンもうかうかしてられないですね。


B. 人物&能力の疑問&考察リスト(第9話終了時)

B-1. 乙坂有宇

乙坂有宇については、以前別な記事↓で書きました。


第9話で彼の能力が「略奪」であることが確定し、また能力を略奪された相手は、自身の能力が無くなってしまう、ということもほぼ確定だと思います。
第9話で有宇にテレパシーを略奪されたあとのテレパシー能力者のリアクションや、有宇に「透過」を渡すときの七野の言動を見ても、能力を略奪された相手は、自身の能力が無くなってしまうのだと思いました。

B-2. 友利奈緒

第9話の感想↓で、OP歌詞と奈緒との関係性についての予想を書きましたので追加します。


シャーロット9話の見出し7 - OP曲「Bravely You」の2番の歌詞についてイメージすること」

B-3. 乙坂歩未

当面は、乙坂歩未を救う話になりそうです。
ひとまず今後も歩未が話に出てくるのが嬉しい限り。また10話予告にも歩未のセリフがありました。

「しばしのお別れでござる」

個人的には、前泊(まえどまり)によって歩未が記憶を消去される直前のセリフかな?と思いました。
(記憶が戻るまで)「しばしのお別れでござる」
みたいな感じで。

B-5. 唯一信頼できる人 B-6. 乙坂家3人目の兄弟

このふたつはイコールの人物でした。
友利奈緒の言う「唯一信頼できる人」が、乙坂兄(隼翼)のこと。

奈緒と兄との出会いは、ざっと2年とちょっと前(友利奈緒が中学2年生のはじめの頃)の話になりそうです。

B-7. オレンジ髪の女性(目時)、B-8. ドライバー男性、B-10. OPの5人

これらは一つの項目にまとめても良さそうです。ざっと整理すると、

キャラ名  アイコン   能力  
乙坂隼翼(しゅんすけ) f:id:hisoka02:20150830141514j:plain  時空移動(タイムリープ) 
熊耳  f:id:hisoka02:20150830141523j:plain  能力者を発見し能力の内容を知る
七野(しちの)  f:id:hisoka02:20150830141530j:plain  透過(とうか)
目時(めどき) f:id:hisoka02:20150830141537j:plain  催眠 
前泊(まえどまり)  f:id:hisoka02:20150830141547j:plain  記憶を消す  


前泊がB-8. にあげていたメガネをかけたドライバー男性と同一人物なのかな?

f:id:hisoka02:20150902223241j:plain

B-9. ZHIEND

ZHIENDの音楽には、もしかしたら能力を促進するような作用があるのかもしれない。
ZHIENDの愛聴者が、奈緒の兄(一希)、奈緒、有宇ときていますので。まあ「How-Low-Hello」好きな歩未、という例外はいますけど。

B-14.サラ・シェーン

サラに関する疑問は、第8話の感想 ↓ で書きました。


サラと兄が共通して目の光を失っている(失明)というのが気になります。
時間に関する能力を酷使した人は、代償として視力を失ってゆくのかもしれないですね。あ、ちなみに兄に関しては、まだかすかに視力を残している(能力を完全には失ってはいない)可能性があると思います。

B-15.堤内

堤内に関しては、最初に書いた部分(A-2.とA-6.)につながるイメージです。どうやら堤内は、他の科学者が受け入れがたい異端の説を持っているようす。また、

なぜ有宇の真の能力が略奪であり、略奪が最強の能力だと分かっているのか

が謎な部分です。


第9話で新たに登場した人物の中で、堤内は兄に次ぐ重要人物に見えたのですが、果たして再開が叶うかどうか…… 微妙な感じがします。

もしかしたら堤内の異端の説は、兄がタイムリープで過去に飛んだときに堤内から聞くという形なのかもしれないですね。


最後に

では今回はこのへんで。

次の疑問&考察リストは、第10話集終了後に時間が許せば更新したいと思います。

Charlotte(シャーロット)の第10話「略奪」は、最初に普段の学園の様子を描き、途中から兄のタイムリープ話という感じになるでしょうか。




▲ カテゴリー「Charlotte」(シャーロット)にもどる


「Charlotte(シャーロット)」関連記事