読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

2000年以降の洋楽ロックから8曲ほど紹介します。

洋楽ロック

むかし洋楽いまアニソン。
最も耳にする音楽がそんな変遷をたどってきたひそかです。

f:id:hisoka02:20150901141733j:plain

今回は普段と気分を変えて、洋楽の記事でも書いてみたいと思います。パッと思いついた曲に動画を貼るだけの簡単なお仕事。そんな気軽な記事です。


PR


Green Day / American Idiot(2004)

(グリーン・デイ / アメリカン・イディオット)

「アメリカン・イディオット」 動画

American Idiot

American Idiot


グリーン・デイは、彼らのメジャーデビューアルバム(ドゥーキー)を買って夢中になりました。何枚かアルバムを追いかけ、その後しばらく離れていました。再度グリーン・デイを聴くようになったのは、この曲、American Idiotを聴いてからです。アルバム自体とても好きです。


Good Charlotte / The Young and the Hopeless(2002年)

(グッド・シャーロット / ヤング・アンド・ホープレス)

「ヤング・アンド・ホープレス」 動画
Good Charlotte - The Young And The Hopeless Clip

Young & the Hopeless

Young & the Hopeless


グッド・シャーロットは、最初の2枚のアルバム(「Good Charlotte」、「The Young and the Hopeless」)が特に好きで、Zepp Tokyoにライブを観に行きました。
アルバム「The Young and the Hopeless」はとてもいいアルバムだと思うので、是非聴いてみてください。


Foo Fighters / In Your Honor(2005)

フー・ファイターズ / イン・ユア・オナー

「In Your Honor」動画(静止画)www.youtube.com

In Your Honor (CCCD)

In Your Honor (CCCD)


Foo Fighters(フー・ファイターズ)は、ニルヴァーナの元ドラマー、デイヴ・グロールが中心となって結成されたグループです。
私はニルヴァーナよりむしろフーファイ(フー・ファイターズ)の方をよく聞いています。というか彼らのアルバムはほとんど買ったような。2000年以降のフーファイから何の曲にしようか迷ったんですが、イン・ユア・オナーを選んでみました。


My Chemical Romance / Welcome To The Black Parade(2006)

マイ・ケミカル・ロマンス / ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード

「ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード」動画

ザ・ブラック・パレード(初回限定盤)

ザ・ブラック・パレード(初回限定盤)


「ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード」は、マイ・ケミカル・ロマンス3枚目のアルバムに収められている曲です。
最初にこの曲を聞いた時、なんとなくQueenの「ボヘミアン・ラプソディ」や、ビートルズの「マジカルミステリーツアー」などを連想させる曲だなと感じました。残念ながらマイケミは、2013年に解散しちゃいましたね。


The Strokes / The Modern Age(2001)

ザ・ストロークス / モダンエイジ

「The Modern Age」動画

Is This It

Is This It


公式PVのモダンエイジよりもこの干テンポを速めたとのこと。ライブ動画も見たのですが、たしかにちょっと遅いですね。
ザ・ストロークスも、フォール・アウト・ボーイやグッド・シャーロット同様、最初の2枚ぐらいが一番好きだったりします。「The Modern Age」の収められたアルバム「Is This It?」はかなり聴き込みました。


Fall Out Boy / Of All The Gin Joints In All The World(2005)

フォール・アウト・ボーイ /オブ・オール・ザ・ジン・ジョインツ・イン・オール・ザ・ワールド

「Of All The Gin Joints In All The World」動画(静止画)

フロム・アンダー・ザ・コーク・ツリー

フロム・アンダー・ザ・コーク・ツリー


フォール・アウト・ボーイもまた初期が好きなバンドです。特にこの曲が収められた「From Under The Cork Tree」とか。
「Of All The Gin Joints In All The World」を動画でググると、ハンフリー・ボガートの映像が出てきたので、この曲の名は映画「カサブランカ」のセリフあたりから持ってきたようです。


Coldplay / Every Teardrop Is A Waterfall(2011)

コールドプレイ / ウォーターフォール

「Every Teardrop Is A Waterfall」動画


コールドプレイはハマったって程じゃないですけど、この「ウォーターフォール」は曲のもつ透明感が好きです。何となくU2っぽい透明感。普段それほど洋楽を聞かない方でも、一度は耳にしている曲じゃないかと思います。


Maroon 5 / Moves Like Jagger feat. Christina Aguilera(2011)

マルーンファイブ / ムーブス・ライク・ジャガー feat. クリスティーナ・アギレラ

「ムーブス・ライク・ジャガー」動画


マルーン5はアルバムを2枚聞いた程度ですが、この曲だけやたら好きです。
「ムーブス・ライク・ジャガー」のジャガーとは、ローリングストーンズ(Rolling Stones)のボーカル、ミック・ジャガーのことで、動画に使われているミック・ジャガーがやたら若いっ!(笑)
昔ミック・ジャガーの動きをマネして遊んでいた頃を思い出しました。


最後に

ということで簡単に8曲ほど取り上げてみました。
以前と比べて洋楽を聴く機会がだいぶ減ったので、本当は紹介するよりもオススメアーティストを教えてほしいぐらいなのですが、最近はアニメの話題、とくに考えた話が多かったので気分転換を兼ねて記事にしました。

記事に書く予定さえあれば、それを言い訳に洋楽が聴ける。

なんだか本末転倒のような話ですが、わりと本気でそう思いました。
本当はもう何曲かリストアップしていたのですが、時間の都合上、今回は8曲にしました。



カテゴリー「洋楽ロック」トップページに戻る


関連記事