読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

Charlotte(シャーロット) 4話の実験と6話の乗っ取り妨害の補足記事

「Charlotte」(シャーロット)

f:id:hisoka02:20150811072950j:plain

どうもみなさん、こんにちはー
Charlotte(シャーロット)は考えることが増えてきました。
第4話で奈緒が行った「ちょっとした実験」で、有宇が「乗りうつりに成功した」と仮定した場合や、第6話で奈緒が有宇による乗り移りを妨害した場面について記事の方では取り上げなかったので、考察というよりもその内容を補う補足記事です。


PR


4話の実験の補足記事

以下は4話の実験シーンにおける友利奈緒乙坂有宇の会話です。

名前  アイコン  キャスト 
乙坂有宇(おとさかゆう) シャーロット 乙坂有宇   内山昂輝  
友利奈緒(ともりなお) シャーロット  友利奈緒  佐倉綾音 
高城丈士朗(たかじょうじょうじろう) シャーロット  高城丈士朗  水島大宙 



奈緒ちょっとした実験です。彼(野球で対戦した相手のピッチャー・福山)に乗り移ってもらえませんか?」
有宇「え?どうして?」
奈緒「だからちょっとした実験です」
有宇「被験者に言う言葉じゃないぞ」
奈緒被験者は相手です」
有宇「分かったよ」

(有宇、目を開き能力発動のカット)
(場面が飛ぶ。奈緒の胸で目を覚ます有宇)

有宇「うあ、うわあー」
奈緒「ありがとうございます」
有宇「いいや別にいいんだが。何か分かったのか?」
奈緒「今はまだ分かりません。しばらく様子見です」                                                                                                                                                                                            

第4話の実験シーンはこんな感じでした。
この時の感想で私は「乗りうつりに失敗した」と仮定して話を進めたんですけど、その逆の仮定も当然ありますよね。「乗りうつりに成功した」と仮定した場合はどうなるか。


ひとまず奈緒は、実験の対象者(被験者)を有宇ではなく、「相手ピッチャー」だと言っています。奈緒のセリフをそのまま受け取るならば、彼女は有宇に乗り移られた能力者が、その後どうなってしまうのか見たかったのでしょう。
有宇に乗り移られた能力者のその後を「経過観察」したかった。
そのように思えます。


第4話感想記事のアップ後、made@made0902さんという方から、あとで飛んだ場面の「回想シーン」が入るのでは? という感じのツイートを頂きました。有宇が乗り移り可能な時間は5秒ですので、飛んだ場面のことを「空白の5秒」と仮に名づけておくと、今後(第7話以降)のCharlotte(シャーロット)では、奈緒が誰かと会話している時に、「回想シーン」として「空白の5秒」を具体的な根拠として何かを説明する、というそんな場面の入る可能性がありますよね。

というか、その確率は今のところかなり高そうな気がします。


6話の乗っ取り妨害の補足記事

第6話では、奈緒が実験後の「経過観察」によって、何かの確証をつかんだのでは?と思わせる場面がありました。
奈緒が、有宇による高城への乗り移りを意図的に妨害したと思える場面のことです。


有宇(…だがミーハーなお前 [高城] だけが邪魔だ。[妹・歩美の見舞いに来るのは] 友利と柚咲だけにしたい。乗り移って窓から飛び降り、ケガでもさせるかぁ?!)
(有宇能力発動開始の描写)
奈緒「んっ !!」
奈緒「へええキリンってああやって寝るんだー」
高城「そうなんです! キリンは寝る時に首をとぐろのように巻いて、ってキリンがいるんですか?!」
(「おおりゃぁぁっ!」 奈緒高城にドロップキック)


奈緒は、有宇による高城乗り移りをさせたくなかった。
そんな事を感じさせるシーンでした。

じゃあその理由はなに?

当然そうなりますよね。普通に考えると、
A. 有宇に乗り移られると有宇に能力を強奪されてしまう
B. 有宇に乗り移られ有宇にその能力を再現されると能力を強奪されてしまう

こんな感じでしょうか。
ネットなどでも、これが有宇の真の能力(ほとんどの人はA. )だろう、と考えている方が多いですね。まあここではあまり深く追求しないですが、取りあえず言えそうなことはふたつ。


1つは、有宇に乗り移られた相手にはその後何かの変化が起こるんだろう
という事。奈緒は、その何かの変化が高城には起こって欲しくなかったら第6話で有宇の乗っ取りを邪魔したのでしょう。奈緒は第2話にでてきた「念写」能力者のその後を「経過観察」し、何かの変化をつかんだんじゃないかな?

もう1つは、有宇の真の能力がわかれば、奈緒の行動目的が見えてくる、
という事。
おそらく奈緒は、熊耳から有宇の真の能力を聞いているはずですから。第1話において、奈緒は有宇の居場所と能力を聞いてから彼女は有宇の前に現れたのでしょう。

奈緒の行動目的が、有宇による能力収集なのか、もしくは例えば有宇によって自分たち以外の能力者の能力消去なのか、そういうのはいまのところ分かりませんけど、有宇の真の能力と、有宇に乗り移られた被験者のその後が分かると、奈緒の行動目的がハッキリしてくると思います。


ということで。
自分は第4話と第6話の感想で、「乗りうつりに成功した」と考えた場合の仮定や、第6話で奈緒が有宇の乗っ取りを邪魔したことを書いていなかったので、補足記事として書いてみました。

そこから何を考えるか、というのは人それぞれさまざまな考察で、「Charlotte(シャーロット)」は感想・考察記事を巡っていて楽しいです。逆に混乱してくることも多いですけど……
頭痛くなってくる時も多いです(*´σー`)エヘヘ 



追記)
今日こういうツイートを見ました。




有宇の能力は、「他人の能力を奪うこと」で確定でいいでしょうね。
有宇の能力を確定させたら、次々と思うことが浮かんできたので、第7話の予告映像に関する内容は次の記事へとあとから移しました↓






▲ カテゴリー「Charlotte」(シャーロット)にもどる


「Charlotte」(シャーロット)関連記事