読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

「GATE(ゲート)」の伊丹二尉って階級はどのへんで率いる部隊は何人ぐらい?

アニメ感想・アニメ関連の話

7月から放送が開始したアニメ「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 
主人公の伊丹は、よく階級の名前付きで「伊丹二尉(いたみにい)」と呼ばれています。

私は「二尉」と言われても、伊丹の階級が全体のどの辺りにあたるのか今ひとつピンとこないです。そういうわけで、図書館で一冊の本を借りてきました。

国際人になるための初級軍事学講座

国際人になるための初級軍事学講座

「国際人になるための初級軍事学講座」(著:福川秀樹)

知りたいのは、
1.伊丹の階級は自衛隊のどのあたりか
2.二尉の場合、普通ならどれぐらいの人数を指揮するか

の2点です。


PR



GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 伊丹とレレイとテュカとロゥリィ

旧陸軍と陸上自衛隊(航空自衛隊)の階級まとめ

まずは自衛隊の「階級」から。
本の中に、旧陸軍と陸上自衛隊(航空自衛隊)の階級をまとめたページがあったので、そちらの画像を貼ってみます。

軍や自衛隊の階級と率いる部隊の人数
(本書p.54より)


伊丹の「二尉」とは「二等陸尉」の略で、旧陸軍で言うと「中尉」にあたります。階級が全部で16なので、伊丹二尉の階級は真ん中あたり。「二尉」じゃなくて「中尉」って言われるとピンときますね。


防衛省・自衛隊:自衛官の階級」を見ても、階級を表わすカギとなる漢字は、旧陸軍時代そのままの漢字でした。階級の序列を覚えやすいのはカギになる漢字を5つ覚えて、あとはカギになる漢字の前に数字をつけるってのがいいと思います。カギになる5つの漢字とは偉い方から順に、


「将」、「佐」、「尉」、「曹」、「士」(旧陸軍では「兵」


これらを頭に入れておけば、たとえば陸上自衛官の階級なら、「一佐」と「一尉」ならば「一佐」の方が上、とすぐに分かると思います。


「軍」の単位の呼び方、兵士の人数、指揮官クラスのまとめ

次に伊丹の階級「二尉」が、普通はどれぐらいの人数を指揮するかという話です。「国際人になるための初級軍事学講座」から、軍がどのような編成になっているかについて説明されている場所を、一部引用してみます。

普通の編成でみると、軍はどのようになっているかを見てみよう。
最小の単位は分隊と呼ばれ、10人前後で軍曹が指揮する。この部隊(分隊)を二つ以上集めて小隊となる。小隊長は、中尉もしくは少尉(兵員は40~50名)。
二個小隊以上で中隊となり、中隊長は大尉である(兵員は200名前後となる)。
一般的には、戦術単位とは中隊を指す。つまり、一人の指揮官が、部隊の状況を自分の目で見える範囲で把握できる部隊だ。

(p.38より引用)


ちなみに英語だと分隊を「Squad」小隊を「Platoon」と呼びます。Platoonは、映画「プラトーン」で有名ですよね。私も昔Platoonの意味を調べました。結局「小隊」の意味だと聞いて、ふうん…… で終わっちゃいましたが。

本ではその後、大隊、連隊… と説明が続くのですが、そちらは割愛して簡単な表にしてみました。基本的に二つ以上の「単位」が集まって、一つ下に書いたより規模の大きな「単位」へと移っていきます。

単位の呼び方  人数  指揮官のクラス 
分隊  10人前後   軍曹 
小隊  40~50名   中尉(又は少尉)  
中隊   200名前後   大尉  
大隊   500~1000   少佐  
連隊   2000前後   大佐  
旅団  3000~5000   少将  
師団   15,000前後   中将  

一般的に「戦術単位」といえば「中隊」のことで、「戦略単位」といえば「師団」のことを指します。


最後のまとめ

では以上をふまえての結果です。

伊丹二尉は階級全体の真ん中あたり。
率いるのは「小隊」で普通なら40~50名。

彼はそのあたりのクラスの自衛官になるようです。
アニメ「GATE(ゲート)~」だと、伊丹の部隊はせいぜい十数人ぐらいかな?

もちろん単純には旧陸軍と自衛隊の編成をそのまま当てはめられないです。特に部隊の人数とか。しかし、彼がどの程度の階級でどの程度の部隊を率いるのか、ある程度本を読んではつかむことができました。

今度戦争映画でも観る機会があったら、軍人の階級や率いる部隊の規模などにも注目してみたいです。みなさんもぜひ注目してみてください。



TVアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』番宣CM(30秒ver.) www.youtube.com



「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」関連記事