読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

血界戦線 第10話 感想 – これは総集編やっちゃう方のアニメなのか…

血界戦線

こんにちは。バーガーくれなかった方の人。
じゃなかった、
総集編やっちゃう方のアニメさん。
てことで「血界戦線」 第10話 「ラン!ランチ!!ラン!!!/to the end.」の感想です。

血界戦線の11話は総集編f:id:hisoka02:20150607231421j:plain

関係者の方すいません。
しかし、まさかここまできて次回(第11話)に総集編がくるとは。
予告に驚かされました。

6/8追記 「血界戦線」今後の放送予定

公式ツイッターにて、放送予定の変更を知りました。

6/13・14;第10.5話(特別篇)
6/20・21:第11話
7/4・5:第12話(最終話)

11話と12話の間が一週間空くので注意が必要です。

そして現場はいま…… 
修羅場と化しているんだろうなぁ
てことでスタッフさん頑張ってね、ファイト!(・ω・)b

7/1追記その2 「血界戦線」第12話が放送延期になりました。

放送日はまだ未定。放送枠を調整し「拡大版」としてオンエアされるとのことです。



PR



朝、マンガを3巻まで読みました。
思ったより原作とアニメは変わっていないんですね。あくまで3巻までの印象ですが、ちまたで言われるほどの違いは無いなーと感じました。

「血界戦線」第10話の感想は、放送とは逆順に。
予告、オリジナル部分、原作部分、と進めていきたいと思います。


総集編を入れる意味は?

次回(第11話)の総集編は確定でしょうか。
血界戦線11話の予告 次回は特別篇f:id:hisoka02:20150607231429j:plain

うん、たぶん確定ですね。
次回予告のサブタイトルには「特別編」って書いてありましたけど、「やらおん!」さんのページにはこういう画像 ↓ がありましたので。

血界戦線11話のTV欄f:id:hisoka02:20150607231020j:plain


率直に言って特別編(総集編)に軽い落胆を覚えました。
血界戦線は総集編やっちゃう方のアニメなのかぁ… 1クール全12話なのに総集編アリかぁと。


でも少し時間が経つと、総集編をやるならばいいタイミングかも、と思いはじめました。
アニメ全体の流れを見るならば、

第1話~第10話:原作準拠+オリジナル
第11話:ここまでのまとめ(総集編)
第12話:オリジナルメイン


になるかと思います。
12話のオリジナルメインは私の予想ですけど、でもおそらくそうなるでしょう。血界戦線の第12話は、オリジナル部分、絶望王・ホワイト・ブラックを中心とした話に。

そういう意味で、総集編をこのタイミング(話数)でやることに意味は無くもないかなぁと。私はそう思います。総集編は急遽決まったのではなく、早い段階で決まっていたのかもしれないですね。


話がだいぶつながってきたオリジナル部分

前回の第9話になりますけど。
エンパイアステートビルの最下層に、どくんどくんと脈を打つエメラルドグリーンな場所 ↓ がありました。

f:id:hisoka02:20150607232008j:plain

これが結界のひとつだったんですね、なるほど~


オリジナル部分を含めて簡単に整理してみると、

ブラック&ホワイトは「術師」(じゅつし)の家系。
ニューヨーク大崩落のとき、ブラック&ホワイトの親を含めた術師たちは、崩落を止めるための結界をはるが、両親は死亡。生きて戻れたのがブラック&ホワイト。
両親が死亡したため結界の所在位置は不明だったが、最近壊れてしまい、そこが今回長老とエイブラムスが居たエメラルドグリーンな場所。

そして結界は、おそらく術師のブラックが完全に絶望王と化したため、最近壊れてしまった。


細かい間違いはあるかもですが、自分はそんなふうに理解しました。


「ニューヨーク大崩落」に関する話は、第8話感想の最初にブラックのセリフの引用をしながら書いた ↓ ので、よかったらご覧になってみてください。



それとホワイトの「幽霊」
これはもしかしたら、大崩落で死んだ人間って扱いなのかな?
もしくはホワイトは実際に死んでいるも同然な存在とか。
そしてレオの持つ「神々の義眼」を入手することにより、何かを取り戻せる契約が成立している。
そんな感じに思えます。

で……
ブラック&ホワイトが取り戻したいものって実は、聖堂近くの墓の下に埋まっていたりして。
最終回はそれが墓の下からムクムクと…… 
ってどこのマイケルジャクソンなのやら。


まあそんなわけで。
ああオリジナル部分はそういうことか! 今回の第10話は、そう思う所が多かったです。
オリジナル部分の話がだいぶつながってきましたね~


オチに笑った

最後に原作部分に軽く。

ツェッドが本当に生魚苦手で笑っちゃいました。
実は苦手だったんじゃないか!(笑)

なんとか新入りのツェッドをいびろうと、最初すし屋に案内したザップ。当たってたんですね彼の安直な読みは! あんだけグルグルグルグル店を回ったけど、実は最初が当たっていたという。

f:id:hisoka02:20150607232157j:plain


そして「今日のアンラッキーナンバーがマグロ」だった人、ザップ。
結局バーガーも食えず次の店でマグロにあたるという。
食、アタリ!(食中り) みたいな。
ザップが無茶苦茶なことを言いつつ、最後は因果応報で自分にはねかえってくるオチが面白かったです。


最後のまとめ

血界戦線の第10話は、
予告 > オリジナル部分 > 原作部分
という感じで印象に残りました。

これは順番の関係もあるでしょうね。
やはり後の方が印象に残りやすいので。


原作部分で他に印象的だったのは、「ダイアンズダイナー」のビビアンの指摘。
いつも「お一人さま」だったレオが、いつのまにか3人で食事にきている。

f:id:hisoka02:20150607232258j:plain

なんだかんだ言いつつ、ザップと知り合ったことは彼にとってラッキーだった。
そんな気分でほっこりするいい場面でした。




「血界戦線」 全12話
原作:内藤泰弘(集英社/ジャンプ・コミックス刊)
監督・音響監督: 松本理恵
シリーズ構成:古家和尚
アニメーション制作:ボンズ

レオナルド・ウォッチ:阪口大介
ザップ・レンフロ:中井和哉
ツェッド・オブライエン:緑川光
ブリッジ・T・エイブラムス:大塚明夫
ビビアン:沢城みゆき
ホワイト/ブラック/絶望王:釘宮理恵

オープニング曲
「BUMP OF CHICKEN / Hello,world!」
エンディング曲
「UNISON SQUARE GARDEN / シュガーソングとビターステップ」



カテゴリー「血界戦線」にもどる


「血界戦線」関連記事