読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

シドニアの騎士(2期) 第8話 感想 - おばあちゃんにだまされた

シドニアの騎士

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」 第8話 「再会」の感想です。

イザナの祖母・ユレは大変な策略家で。
「極秘任務」がまさか孫娘のためだったとは。
見事に騙されました。まあいい意味でね。

f:id:hisoka02:20150530170507j:plain

そしていつまでもユレの「策略」に気がつかない「天然」の長道。
「長道=天然キャラ」が存分に生かされた展開でした。


PR


のっけからだまされた……

Aパートの出だし。
暗い通路において、新キャラっぽい人物が謎の生物と交戦中。

f:id:hisoka02:20150530170523j:plain

あ…… 
これは前回の7話で爆発消滅したガウナの生き残りに、シドニア深層部分に隠れ住む不死の船員の新キャラが戦いを挑み、その新キャラってのは艦長などシドニアトップクラスとの古い知り合いで、このあと彼らが「再会」して、それが第8話のサブタイトル「再会」につながるのかぁなるほど~ワクワクするわーなんてさまざまな事を思いながら見ていたら、なんとTVのシーンでした!(汗)

まさかTVの鑑賞シーンだったとは。
見事にだまされました。
それを知って、頭がガクッ↘と90度下がったほど(苦笑)


これ、おそらくCMでも流れる「BLAME」って作品(弐瓶勉作)ですね。「このあとどうなっちゃうの?」。TVの続きを聞くつむぎに対し、緑川纈(みどりかわ ゆはた)のセリフは、

「それはみんなの応援次第よ!」

ゆはたの口調になんか笑ってしまう。
つまり、みんなの応援次第で「BLAME」がアニメ化されて続きが見れるかもよ、ってことかな。さりげなく宣伝入れてきましたね~

おばあちゃんにもだまされた

イザナの祖母、科戸瀬しなとせユレ(声:能登麻美子)に呼び出しを食らった谷風長道たにかぜながて。彼がユレに与えられたのは極秘任務でした。

f:id:hisoka02:20150530170540j:plain

ん、これは前回の続きか? 
前回シドニアに空けられた穴の、「深層部分を調査してこい」って話なのね。

しかしなんだか話の風向きがおかしい。
調査の対象は「重要文化財」。重要……「文化財」だと?

「任務は難しいわよ。特別に一人だけ協力者をつけることを許可してあげるわ」
「イザナが適任よ!」


あそういうことか!
「イザナが適任」で、鈍感な私もようやくピンときました。
第8話のサブタイトルどおりに「再会」をはたしたイザナとユレ。イザナの体型の変化を見てとったユレは、孫娘のために協力しようってことですね。これもまた、TV鑑賞シーンと同様に騙されました。いい意味でね。いやぁ任務はてっきり、衛人によって遂行されるものかと思ったなぁ。

さらにユレは長道にプレッシャーを。
彼の頸椎に爆弾を仕込んだとか、自分が話に噛んでいることがもしもばれたら、それも任務失敗の条件とみなすだとか…… 

f:id:hisoka02:20150530170618j:plain

敏感な主人公ならば、話のどこかにきな臭いものを嗅ぎ取りそうなものですが、あくまでも長道は天然オブ天然キャラ。彼はユレの与えた任務に、直立不動で「は、はいっ!」と返事をしました。


長道が天然設定な理由

ユレが与えた任務に緊張感いっぱいの長道。
イザナの部屋を訪ね二人っきり、彼女に極秘任務動向の承諾を求めました。というか……

意中の女性を、初めてのお泊りデートに誘う男性の緊張感と、まったく見分けがつかない!
とまどうイザナに対し、長道はダメ押しを。

「遊びなんかじゃないっ!俺は真剣なんだ!」
「イザナこの任務、一緒に引き受けてくれっ!」

f:id:hisoka02:20150530170645j:plain


イザナから見ればこの場面。
何だかよく分からないけど、「任務」という言いわけで長道が自分をお泊りに誘ってくれたのかなぁ…… しかし旅行先は「千秋郷(せんしゅうきょう)」! 部屋にはポスターを張るほどに、一度は行ってみたかったスポット。イザナは嬉しくないはずはないですよね。

そして翌朝。
鼻歌まじりでお出かけするイザナ。
それに対して長道は、千秋郷のふもとでタブレットをチェック。
「予定時刻問題なし」

f:id:hisoka02:20150530170754j:plain

これってどうみても……
デートがプラン通りに進行してるかどうか。
念には念を入りてチェックしてる奴にしか見えない( ̄▽ ̄)
長道はガチで天然だなぁ。


「シドニアの騎士」を見始めたころの話になりますけど。
私は「長道=天然キャラ」という設定が、いま一つピンときませんでした。
「優秀な操縦技術」という設定は分かるけど、天然キャラはどういう意味があるのかなぁと。それがだんだん、「長道=天然キャラ」が話の中で生かされるようになってきましたね。特に今回の第8話は。

「主人公=天然キャラ」
この設定の何がいいかというと、ラブコメをやるのに、天然キャラというのはうってつけの設定のひとつなんでしょう。もしも長道が、敏感に空気を読むキャラだったのなら、ユレの立てた作戦は、早い段階で長道に感づかれていたでしょうから。そういう意味で今回の第8話は、長道の天然設定を存分に生かし、天然設定の理由を十二分に感じ取れる展開だなと感じました。

最後のまとめ

騙される楽しさのある回でした。
オープニングのTVシーンに、ユレの極秘任務の真の目的と。どっちも見事に騙されました。

最近、戦闘がすっかり遠のきましたね。
前回は軽く戦闘がありましたけど、「シドニアの騎士 第九惑星戦役」の第5話からは、ほとんど日常回のラブコメ展開が続いています。第8話視聴後、チラ見した2チャンネルの感想に笑いました。

「今週もイチャイチャしやがってえええええええええええええええええええええええええええええ
ガウナさんはよ来て下さい」

ちょっと同感。
そろそろガチの戦闘が見たくなってきた頃合いですね。



「シドニアの騎士(第2期) 第九惑星戦役」 全12話

(スタッフ)
原作:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
シリーズ構成:村井さだゆき
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東亜重工動画制作局、MBS

(キャスト)
谷風長道(たにかぜ ながて):逢坂良太
白羽衣(しらうい)つむぎ:洲崎綾
科戸瀬 イザナ(しなとせ イザナ):豊崎愛生
科戸瀬ユレ:能登麻美子
緑川 纈(みどりかわ ゆはた):金元寿子

オープニング曲
「Angela / 騎士行進曲」

エンディング曲
「カスタマイZ / 鎮魂歌 -レクイエム-」


▶カテゴリー「シドニアの騎士」へ

「シドニアの騎士」関連記事