読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

血界戦線 第5話 感想 - ふたつのオチの場面が良かった

血界戦線

「血界戦線」 第5話 「震撃の血槌」の感想です。

これまでで一番面白かった!
特に話のラスト、夜のベンチにて。
ホワイトがレオナルドについっと身を寄せる場面が可愛かったです。

血界戦線 5話 キャプ付き感想

連続写真の一番右。花が咲いたんですね。


PR



「血界戦線」OPのフルバージョンはもう聴きました?
曲は4/22、すでに発売となっております。
「Hello,world!」は、歌詞の最後のフレーズ「ハロー どうも 僕はここ」がすごくいいですね。


第4話の感想では、ややキビしいことを書きました。
アニメ「血界戦線」で、1話から4話までに何となく感じていた不満点が、ちょっと出たって感じでした。

それに対して第5話。これまでの中では一番良かったです。
オチが効いていましたね。

第5話の感想 - ふたつのオチの場面が良かった

具体的には、クラウスが血で作った「ジャンプ台」の場面と、話のラスト、ホワイトがレオナルドについっと身を寄せる場面です。

ひとつめ。クラウスが作った「ジャンプ台」

「PHASE 03」の場面です。
「ブレングリード流血闘術……」
小山力也さんによるこのセリフが入った瞬間、おっ!と体に力が入っちゃいます。キタッ!って感じに。
しかし第5話の「ブレングリード流血闘術」は、これまでとちょっと趣向の違うものでした。

「ブレングリード流血闘術……」
  ↓
「74式……」
 ↓
「ジャンプ台!」(仮の名前)

血界戦線5話 ネタバレ感想クラウスのジャンプ台


ジャンプ台かよっ!
今回はクラウスさん、何を出してくれるのかと思ったら…… 
結果はトラックを飛ばすための血で作られた「ジャンプ台」でした。笑った。

PHASE 01、 PHASE 02、ときての PHASE 03。
PHASE 03はホップ、ステップ、ジャンプ!って感じのオチでした。
クラウスが技を出す前、緊張感を煽(あお)る雰囲気がいいですね。
緊張を煽ってそこから予想外の結末(オチ)へ -
なんだか落語を連想させるようなオチでした。


え~と……
74式の正式名称について。
アニメで私の耳には74式と聞こえたのですが、画面に表示された文字、「絶対不破血十字盾」としては「117式」がありますね。はてな……? よくわからないです。私の耳が悪いのか?


ふたつめ。話のラスト、ホワイトがレオナルドについっと身を寄せる場面

夜の病院のロビー。
レオの視線の先には、男と談笑するホワイトの姿が。
黙ってその場を離れようとするも、病院から離れようとしないソニックに背中を押される形で、勇気をふりしぼりホワイトを誘うレオナルドでした。

「映画行かない !?」

おおーっ、レオナルド思い切って誘いましたね~ グッときたわ~
「どうしたの?」 
「拷問(ごうもん)にあったから」

恋愛は、押して! 押して! 押しまくるっ !!
たしか「偏執王へんしゅうおうアリギュラ」(声:こおろぎさとみ)は、オーバーアクション付きでそんな事を言ってました。

これ、アニメの結末だけで考えると、アリギュラはもう「このため」だけに出てきた気もしちゃいます。ホワイトに対するレオナルドの背中を、押して押して押しまくってもらうために。そのために「恋ばな大好き」のアリギュラを登場させ、彼女にレオナルドを拷問させたような。そんな気がしないでもない。



映画中、ホワイトの目には涙。
映画の内容が自分の境遇にカブって見えたようです。
ホワイトに対し、レオナルドは自分も同じだと。自分は兄妹のデキの悪い方。そういう意味で映画と同じだ、とホワイトに伝えました。

ラストは、ロングカットによる背後からのツーショット。
お互いに身の上の話をし、会話が途切れたあたりで、タイマーが気になり始めました。さて、どこでエンディングに入るのだろう。何をラストカットにするのだろう。まさかこのまま、このまま無言で終わるのか……?
そう思った瞬間のホワイトの動きでした。

「そんなことないわ…… レオはイイ奴よ」

椅子の上、レオナルドに向かい、ついっと体を滑らせ身を寄せるホワイト。
この、ついっと動くホワイトのアクションが良かったです。
ホワイトが動く前、今回の話は「ラストをどうするんだろう?」と緊張感が高まっていたところでしたので。

映画後のベンチ ホワイトとレオナルド
アニメ血界戦線 感想
血界戦線 画像 第5話
津波情報入ったのが惜しい


こちらのシーンは、オチというよりもシメかな? まぁひっくるめてオチということで。
とても「溜(た)め」が効いていました。

背後ツーショットで会話切れる→(溜め)→ 「そんなことないわ」→(溜め)→「レオはイイ奴よ」→(ホワイトついっと身を寄せる)

という感じで。
溜めによって生み出されるのは緊張感。緊張感のあとには「あ、うまくいきそうじゃないの!」というオチがより効きますよね。

ということで。
クラウスのジャンプ台と合わせ、溜めの効いたふたつのいいシーンでした。


第5話の新キャラ、作戦概要、技の名前などの整理

簡単にですが整理してみます。

まずはキャラクターについて。

(画像は、CHARACTER | TVアニメ『血界戦線』公式サイトから)

↓ ドグ・ハマー(声:宮野真守)
血界戦線5話 ドグ・ハマー画像

↓ デルドロ・ブローディ(声:藤原啓治)
ブローディー&ハマー 画像

ブローディ&ハマーは、イケメンひょろボディ「ドグ・ハマー」と、凶悪顔マッチョボディの「デルドロ・ブローディ」が合体した状態、ぐらいに理解しました。


↓ アリギュラ(声:こおろぎさとみ)
へんしゅうおう アリギュラ

アリギュラは、異界のヒマ人13王のひとりなんだとか。たしかにヒマそう。あっ、あとフェムトとかもね。彼ってほんと暇そうw


つづいて作戦の概要と技の名前について

「モンスタートラックに正面からぶつかっても勝算は無い。全員で勢いを削り取る!」
そんなスティーブン・A・スターフェイズ(宮本充)のセリフで作戦がスタート!

↓ メンバーの初期配置です。
血界戦線第5話 ライブラの配置

まずはPHASE1の前段階として。
レオに与えられた役目は、トラックの視界をジャックし、旧・パークアベニューの直線コースへとトラックを誘導することでした。

PHASE1

対人障害の排除
担当はK・K(声:折笠愛)
技の名は、「STRAFINGVOLT 2000」でした。

K・K ストラフィングボルト2000

PHASE2

加速手段の奪取
担当はスティーブン。技の名は、
「エスメラルダ式血凍道(けっとうどう):アヴィオンデルセロアブソルート」(絶対零度の地平)でした。

スティーブン 血界戦線 5話の技

氷で滑ってむしろ加速しちゃうんじゃね? 
一瞬そんな予感が(笑)

PHASE 03

ブラッドハンマーの迎撃
コース確保
車体のトス

担当はクラウス・V・ラインヘルツ(小山力也) 
技の名は、
ジャンプ台「ブレングリード流血闘術117式:絶対不破血十字盾」
(クロイツシルトウンツェアブレヒリヒ)

ブレングリード流血闘術117式 絶対不破血十字盾 画像


…… じゃないかと。
117式かどうか、確信はないです。

最後はブローディ&ハマー

技の名は、「ただパンチ(改)」
血界戦線5話 ただパンチ

「ただパンチ(改)」って……

そしてパンチ後にかかるBGMがとっても優雅w
おお~優雅にゆ~ったり飛んでるねぇ~ 
空を飛ぶトラック 画像 血界戦線

アリギュラは、ヘルサレムズ・ロットの外側へと行っちまったようです。
もう出てこないのかな?

「血界戦線」は毎回新キャラが登場し、感想を書くのが結構大変…… 
だけど予告を見ると、次回も新キャラが登場しそうな(汗)



最後のまとめ

ということで第5話。
これまでで一番面白かったです。自分も少しアニメに馴れてきたのかな?

先日第4話を見返してみました。スゴイ情報量ですね。
2回見てやっと分かった場所も多かったし、2回見てまだ分からない場所もあります。

第5話のサブタイトルは「震撃の血槌」
これってマンガでいうと「第3巻」のサブタイトルだったんですね。第5話ですでにマンガの第3巻!そりゃ情報多いはずだよね~ 


そんな状況のもと。
たしかにアニメは相変わらず忙しい進行ですが、それでも上にあげた2か所などは、他を多少削ってでも「溜めを確保」したように感じました。

溜めによる緊張感と、そのあとくるオチによる落差。

そんな感じで、いいメリハリの効いた回だったと思いました。




「血界戦線」 全12話
原作:内藤泰弘(集英社/ジャンプ・コミックス刊)
監督・音響監督: 松本理恵
シリーズ構成:古家和尚
アニメーション制作:ボンズ

クラウス・V・ラインヘルツ:小山力也
レオナルド・ウォッチ:阪口大介
ザップ・レンフロ:中井和哉
スティーブン・A・スターフェイズ:宮本充
K・K:折笠愛
ドグ・ハマー:宮野真守
デルドロ・ブローディ:藤原啓治
アリギュラ:こおろぎさとみ
ホワイト:釘宮理恵
ソニック:内田遊馬
フェムト:石田彰

オープニング曲
「BUMP OF CHICKEN / Hello,world!」
エンディング曲
「UNISON SQUARE GARDEN / シュガーソングとビターステップ」




4/30付けで、You Tubeに「Hello,world!」のフルバージョンがアップされていました。あれっ、もうオープンになったのかな? ではその動画を貼ってみます。

おまけ。「血界戦線」OP フルバージョン動画

BUMP OF CHICKEN / Hello,world!



カテゴリー「血界戦線」にもどる


「血界戦線」関連記事