読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

シドニアの騎士(2期) 第1話 感想 - いきなりフルスロットル!

シドニアの騎士

シドニアの騎士 第九惑星戦役 第01話 「葛藤」の感想です。

f:id:hisoka02:20150414010724j:plain

うわーっ 最初から飛ばしますね!
視聴中かなりテンションが上がりました。とても面白かったです。

しっかしまぁ、あらかじめ劇場版で1期を復習しといて良かった……
「シドニアの騎士」を久しぶりに見た人は大丈夫だったでしょうか。ちょっと心配にも。

てことで今回は、1期のおさらい(人物と用語)を多めに。


PR


「シドニアの騎士」の簡単なおさらい

主要登場キャラと、おもな用語について簡単なおさらいです。

主要登場キャラ

アイコン キャラ名 読み キャスト
f:id:hisoka02:20150413223742j:plain 谷風長道 たにかぜ ながて 逢坂良太
f:id:hisoka02:20150413223750j:plain 星白 閑 ほしじろ しずか 洲崎綾
f:id:hisoka02:20150413223800j:plain 科戸瀬 イザナ しなとせ イザナ 豊崎愛生
f:id:hisoka02:20150413223817j:plain 緑川 纈 みどりかわ ゆはた 金元寿子
f:id:hisoka02:20150413223834j:plain 岐神 海苔夫 くなと のりお 櫻井孝宏
f:id:hisoka02:20150413223844j:plain 勢威 一郎 せいい いちろう 坪井智浩
f:id:hisoka02:20150413223855j:plain 仄シリーズ ほのかシリーズ 喜多村英梨
f:id:hisoka02:20150413223904j:plain サマリ・イッタン さまり・いったん 田中敦子
f:id:hisoka02:20150413223914j:plain ヒ山 ララァ ひやま ララァ 新井里美
f:id:hisoka02:20150413223924j:plain 落合 おちあい 子安武人
f:id:hisoka02:20150413223932j:plain 小林艦長 こばやしかんちょう 大原さやか

「シドニアの騎士」のおもな用語

「播種船(はしゅせん)」
移民・戦闘用の世代宇宙船

「シドニア(Sidonia)」
本作の主な舞台となる播種船(はしゅせん)

「衛人(もりと)」
シドニアに配備されている、人型の主力戦闘機の名称。

「継衛(つぐもり)」
谷風長道(たにかぜ ながて)の乗る機体。正式名称は「一七式衛人 白月改 継衛」

「ガウナ」(奇居子)
人類が遭遇した外宇宙生命体

「エナ」(胞衣)
ガウナ本体を覆う物質

「ヘイグス粒子砲」
エナを引き剥がすことはできるものの、ガウナ本体を破壊することはできない粒子砲

「カビザシ」
カビを穂先に使用した槍形の武器

「重質量砲」

大質量の実体弾を射出する兵器。シドニアや防巡の主砲。

「ガウナ本体貫通弾」(GCPDS)
質量弾と人工カビを組み合わせた複合弾。
弾体加速装置や質量砲から射出され、着弾の物理エネルギーでガウナのエナを吹き飛ばした後、人工カビが本体に穴を開けてガウナを倒す。

(説明文は「シドニアの騎士 - Wikipedia」より)
 

「シドニアの騎士」は「読み方」が難しいですね。
登場キャラの名前や、登場する単語が難しくて読めません。

たとえば「岐神」
「クナト」って音で聞けば「あぁあのキャラか」とピンときても、漢字で「岐神」と書かれると、誰だか分からないし読めません、みたいな。ブログでは各キャラをどう表記しようか、まだ決めかねている状態です。

この「読みの難しさ」は、「神様ドォルズ」(2011年作品)という作品を思い起こしますね。以前のブログで「神様ドォルズ」の感想を書いていたのですが、やはりそのときも、キャラ名と単語をブログでどう書くか、しばらく試行錯誤していました。ひとまず、「シドニアの騎士」の感想は、要所要所「ふりがな付き」でいこうかな…… なるべく感想記事は、読みやすくて分かりやすいものにしていきたいと思っています。


アクセル全開、フルスロットルで入ってきた第1話

先日「劇場版 シドニアの騎士」の感想 ↓ を書きました。

記事の中で、自分が2期の注目点としてあげたのは2つ。
「戦闘状況の把握しやすさ」
「アクション感」
2期でこの2点にさらなる改良がみられるか、注目したいと。

あれ~~ そんなこと書いてたのか……
久々に読み返したら、自分が書いたことをスッカリ忘れていました。


「戦闘状況の把握しやすさ」と「アクション感」
第1話は、どちらも良かったと思います。

「戦闘状況」に関してまとめてみると。
要は「ガウナ」(奇居子)に「はさみうち」にされたってことですよね。

せっかく岐神(くなと)開発によって、「本体貫通弾」の量産がきくようになったというのに、現れたガウナ(ガ549)は早くも「本体貫通弾」に対策を施してきた。対策とは、「『エナ(胞衣)』のクロワッサン」(多重がさね)みたいなヤツ。苦戦しているところへ、さらに背後からもガウナが出現。こりゃヤバい! しかも、背後のガウナに「超高密度のヘイグス粒子反応」! どうなる? 
私の心拍数も急上昇 ↗


と思ったら……
背後のガウナは「ガ549」を撃破 -

「はじめましてみなさん。私の名は、白羽衣(しらうい)つむぎです」

f:id:hisoka02:20150414010741j:plain

つむぎが、そうあいさつしたところで話はおしまい。
つむぎは、「エナ」(胞衣)標本の星白がベースなんだろうなぁ。

第1話はそんな感じでした。「戦闘状況」は、とても把握しやすかったです。

つむぎが「おとうさま」と呼んだ「岐神」(くなと)
岐神は、なんか変な昆虫みたいなヤツに乗っ取られたっぽいですね。目元でチョロチョロっと出入りするシッポがキモい…… この昆虫みたいなヤツ。落合と何か関係あるのかな? というか、岐神の中身がすでに落合ってことかな……


まあとにかく第1話は、最初から飛ばしてるな! という印象が残りました。
最初からアクセル全開、フルスロットルで入ってきたなと。
1話目でこれだけ話が動くという事は、2期「第九惑星戦役」全体で、かなりデカい話をやるのかもしれないですね。ゆっくりしてる時間は無いよって感じで。

てなわけで第1話。
今後に大きく期待の膨らむ内容でした。次回が楽しみですね。


あ、ひとつ言い忘れました。
色がキレイでしたね。
1期に比べて、色が鮮やか(Vivid)に感じました。液晶の「輝度」を上げたような発色がチラホラ。特に青や緑がキレイでした。

f:id:hisoka02:20150414010807j:plain
f:id:hisoka02:20150414010827j:plain

本当は感想では、発色がビビッドだった事や、CGに関することを書く予定だったのですが。
映画の感想にふれたところで予定が変わっちゃいました。

このへんは、機会があれば次回以降の感想ってことで。
以上、シドニアの騎士・第01話の感想でした。


動画です ↓ 浴衣姿で踊る星白閑(ほしじろしずか) 




「シドニアの騎士(第2期) 第九惑星戦役」 全12話

(スタッフ)
原作:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
シリーズ構成:村井さだゆき
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東亜重工動画制作局、MBS

(キャスト)
谷風長道(たにかぜ ながて):逢坂良太
白羽衣(しらうい)つむぎ:洲崎綾
科戸瀬 イザナ(しなとせ イザナ):豊崎愛生
緑川 纈(みどりかわ ゆはた):金元寿子
岐神 海苔夫(くなと のりお):櫻井孝宏
岐神 海蘊(くなと もずく):佐倉綾音
勢威 一郎(せいい いちろう):坪井智浩
仄(ほのか)シリーズ:喜多村英梨
サマリ・イッタン:田中敦子
ヒ山 ララァ(ひやま ララァ):新井里美

オープニング曲
「Angela / 騎士行進曲」
エンディング曲
「カスタマイZ / 鎮魂歌 -レクイエム-」