読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

見たままモード、はてな記法モード、選ぶならどっち?

ブログ関連の話

f:id:hisoka02:20150416190258j:plain
「どっちにしよう……?」


年頭から「はてなブログ」に引っ越してきました。
はてなブログを書くために選ぶ、3つの「編集モード」ってありますよね。
「見たままモード」、「はてな記法モード」、「Markdownモード」

私は最初「見たままモード」をチョイスし、しばらく経過したあと今度は「はてな記法モード」に切り替えました。

変更の理由はというと、ちょっとね……
私にとって「見たままモード」は、かなり使い勝手が悪かったので。


また、はてなブログにはもうひとつ編集モードがあります。
「Markdownモード」
ただ、私はまだ「Markdownモード」は未使用です。いま、「Markdownモード」での書き方について、少しずつ勉強を始めたところ。

ということで。
この記事では、「Markdown」を除いた残り2つ、「見たままモード」と「はてな記法モード」を比較してみました。それぞれのメリット・デメリットについて。簡単ですが両方使ってみた印象を箇条書きにしてみます。


「見たままモード」のメリット・デメリット

「見たままモード」のメリット

・記事に画像を貼るとき、「見たままモード」が役に立つこと
元が大きな画像を記事上で小さく表示させたい時など、画像のリサイズが簡単にできるのはラクですよね。

・html編集ができること
上と似たような理由になりますけど。
記事に多数の画像を貼って、画像の横サイズを全部綺麗に揃えたい時などに「見たままモード」は重宝します。


というか……
自分にとって「見たままモード」のメリットはそれしかないです。
おもに画像のリサイズをしたい時。

「見たままモード」のデメリット

・行間スペースの調整がしづらい
改行する時の話です。
「Enter」キーによる改行と、「Shitキー + Enterキー」による改行とで、出来た行間のスペースが違いますよね。これが非情にやっかい。「はてなブログ」を「見たままモード」で始めた当初、私の頭を一番悩ませたことでした。行間が違う! なんだコレ? 
「Shitキー + Enterキー」による改行を覚えてからは、少しは楽になりましたが。

・カーソルの位置が暴れる
画像を貼った記事に手を加えようと、目的の場所で左クリックしたときなど、カーソルが「ポーン!」と飛んじゃうことないですか? カーソルが記事の先頭や末尾にポーンと…… 私は頻繁にありました。

これがあまりにも多く起こってくると、段々私はイジやけてきます。
「イジやける」=茨城弁で「頭にくる、ムカつく」などの意味) 

ですので「見たままモード」使用中は、左クリックする時にちょっと神経を使います。


・「見出し」が狙った行になかなかつけられない
「見出し」をつけようとしたら、目的の文章の上の文章が見出しになっちゃったり、逆に見出しの下の行からが「見出し」になっちゃったり…… そういう経験ってないですか?
私は、見出しをつけたい行に、一発でスパッ! とつけられないことが多いです。あれ?ちがう、あれ?ちがう…… あぁイジやける!


とまあそんな感じでして。
私の場合、「見たままモード」は、全体的に手間取ることがとても多いです。


「はてな記法モード」のメリット・デメリット

「はてな記法モード」のデメリット

・画像サイズが変更できない
・HTML編集が出来ない

この2つは、「見たままモード」のメリットを裏返しにしたようなものですね。
私は画像を「クリックで拡大」されるように貼りたい時、あらかじめ用意してある「『見たままモード』の下書き記事」上で画像を貼り、タブを切り替えてHTML編集画面上で画像のHTMLをコピーし、それを「はてな記法モード」の記事に貼る、というやり方を取っています。しかし何か他に……
もっと簡単手軽な方法ってないのかなー

つまり「はてな記法モード」に、「HTML編集」のタブが追加されさえすれば……  
開発者さん、いかがですかー |ω・`)チラッ

「はてな記法モード」のメリット

逆にデメリットであげた部分以外はすべて、「見たままモード」と比較した場合の「はてな記法モード」のメリットになると思います。「はてな記法」に切り替えて、かなり記事の作成がスムーズになりました。ストレス激減。たとえばメリットをあげるなら、

・カーソルが暴れない
・改行によるスペースが一定 

これだけでもかなりストレスが減ります。

またはてな記法は、編集画面上に画像は表示されないですけど、逆に言えば「画像によるスペースを取らない」ので、記事を書きながら、「マウスのトータルスクロール量が減る」ということになります。ちょっとずつの差ですが、積み重なればバカにできない作業量の違いを生むんじゃないかな。


見たままモード、はてな記法モード、両者を比べての結論

ということで両者を比べた場合の結果。
私なりの結論になりますですけど、

圧倒的に「はてな記法」の方が書きやすい
ただし画像を大量加工したい時だけ「見たままモード」

そんな結論になります。
ガンガンキーボードを叩いても、はてな記法の場合心配無用。両者のストレスは段違いですね。

本当は「Markdown」も入れて、3者を一斉に比較できれば一番いいんでしょうけど。
それは今後の宿題ってことで。


「見たままモード」オンリーではてなブログを書かれている方は、一度「はてな記法」にトライしてみる事を強くおススメします。



「ブログの話」 関連記事