読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

「姫路城」のリニューアルオープンと「国宝四城」

最近の話題

きたる2015年3月27日。
姫路城は、5年半に及ぶ平成の大修理が終わりリニューアルオープンいたします。
前日には、ブルーインパルス記念飛行のイベントが行われるんだとか。

f:id:hisoka02:20150316065948p:plain
(左:改修前 右:改修後)

「姫路城に行ってみたいね」 
家族とそんな話をしていたら、その直後に大修理に入っちゃいました。てことは、あれからもう5年以上経ったのか。




修理中の様子です。


「白すぎる」という声もあったようですが……
そんな事ないような。
塗りたての漆喰(しっくい)って、これぐらいの白さじゃない?

 
姫路城天守閣には入場制限がかかるようです。登閣整理券の配布は1日15000枚。
「クラブツーリズム」という旅行会社の姫路城ツアーを見ても、「天守閣に入れるかどうかは分からない」、と書いてありました。まあ私は今年姫路城には行けそうにないので関係ないですけど。今年(2015年)は北陸新幹線を利用して金沢方面に旅行する予定。来年あたり姫路城に行けるといいなぁ。


姫路城といえば、「国宝四城」のひとつに数えられます。
修復を繰り返しつつ創建当時の姿を維持してきたものや、城が存城であった当時に再建、改築されたものがほぼそのまま残っているものなどが全部で12天守あるのですが、その現存12天守の中で「国宝」に指定されている4つの天守の城を「国宝四城」といいます。(残りの八つの天守は、国の重要文化財に指定されているので「重文八城」と呼ばれたりします)


「国宝四城」とは、
松本城、犬山城、彦根城、姫路城
これら4つの城のことです。

↓ 国宝四城について、簡単な表にしてみました。

f:id:hisoka02:20150316195437p:plain

(城の場所・築城年・築城者は「日本の城」より)


犬山城の立地にはロマンがありますね~
お城は川沿いの崖の上に。いかにも守備を考えたって感じの立地で、「平城」とはひと味違ったおもむきを感じます。



姫路城の天守閣についてです。
構造は五重六階天守。外から見ると5階建て、中に入ると6階建て、という作りになっています。五重六階天守で今も残っているのは、姫路城と松本城の2城のみ。貴重ですね。末永く残って欲しい。


↓ 姫路城関連画像を同じく「日本の城」より

f:id:hisoka02:20150316070743j:plain




国宝四城のうち、これまで松本城と彦根城には行くことが出来ました。
↓ 松本城に行った時の写真です。

f:id:hisoka02:20150316070022j:plain

f:id:hisoka02:20150316070040j:plain

f:id:hisoka02:20150316070106j:plain


松本城天守閣の混雑ぶりときたら…… 
オープン直後に天守閣へと入り、ひとまわりして外に出たらすでに長蛇の列が… 入るまで1時間以上待ちに変わっていました。昔のお城は観光目的で作った訳じゃないからなぁ…… 階段の上がり降りに時間がかかり、テキパキとは人がさばけません。階段は狭いし暗いし急こう配が当たり前。まっ、それがいいんですけどねっ
てことで姫路城。いったいどんだけ混むんだ !?



↓ 続いて彦根城に行った時の写真です。

f:id:hisoka02:20150316070845j:plain

 

f:id:hisoka02:20150316070906j:plain

f:id:hisoka02:20150316070943j:plain


彦根城は、天守閣とは別料金になりますが、玄宮園 (げんきゅうえん)から見る姿がすばらしかったです。さすが大名庭園。コメントで「玄宮園オススメですよ~」と教えてくれた方にはいまでも感謝しています。



国宝四城でまだ行ってないのは「姫路城」と「犬山城」
さらに「熊本城」を加え、
「姫路城」、「犬山城」、「熊本城」
これらすべてに行くってのが、今のちょっとした目標です。