読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

【サントラ】 ログ・ホライズン オリジナル・サウンドトラック2 感想 - バラエティ豊かなラインナップ

ログ・ホライズン

「ログホラ サントラ2」の画像、曲名リスト、曲の動画、簡単な感想などを書いてみます。
「ログ・ホライズン オリジナル サウンドトラック 2 (初回限定仕様)」
CDの発売は2015年3月4日で価格は¥2700。amazonで予約しておいたら発売翌日に届きました。

f:id:hisoka02:20150308115556j:plain

↑ ジャケットを開いた画像(表)です。
左から順に、てとら、直継、みのり、シロエ、アカツキ、トウヤ、五十鈴、ルンデルハウス、にゃん太。ログ・ホライズンメンバー勢揃いの図。ハラカズヒロさんのイラストが可愛い。


f:id:hisoka02:20150308094830j:plain

↑ ジャケットを開いた画像(裏)です。
今回もお約束の段ボール クラフト感溢れる紙製ジャケット

背中を向けてギターを抱えているのが五十鈴の父親で、モデルとなったのが高梨康治さん。原作者・橙乃ままれさんは、高梨さんをイメージして五十鈴の父親を書いたそうです。




続いて、

「ログ・ホライズン オリジナル サウンドトラック 2」の曲名リスト


(赤字はここで取りあげる曲)

01.「ログ・ホライズン」メインテーマ (2014 ver.)
02. 挑戦者たち

03. サブタイトルI
04. レイドゾーン
05. シロエの思惑
06. アキバの女子会I
07. 三日月同盟の休日
08. 闇を駆ける戦慄
09. アキバの殺人鬼
10. 空虚なる狂気
11. アカツキの想い
12. 動き始める影
13. アキバレイド
14. 月の浜辺
15. もう一度立ち上がるために
16. 前進する決意
17. 不屈の冒険者
18. 平和なひととき
19. サブタイトルII
20. 気分は最高
21. パンチラインI
22. パンチラインII
23. せいては事を仕損じる
24. 心にともる灯り
25. 年少組の絆
26. 踏み出す一歩
27. 大地人
28. アキバの女子会II
29. 危険な香り
30. 追撃戦
31. モンスターとの死闘
32. 悲痛な現実
33. 猫人の剣士
34. 傷だらけの攻防
35. 若き冒険者たち
36. 迷い道の先に
37. この世界と音楽と
38. バースデイ・ソング -劇中 version-
39. 希望の旅立ち
40. ゴー!イースト!
41. バースデイ・ソング

サントラ2は全部で41曲。トータル演奏時間は約1時間15分です。

ログ・ホライズン オリジナル サウンドトラック 2 (初回限定仕様)

ログ・ホライズン オリジナル サウンドトラック 2 (初回限定仕様)


ログホラ サントラ2の感想と動画

「ログ・ホライズン オリジナル サウンドトラック」の1枚目、2枚目の印象を1行であらわすと、

「ログホラ サントラ1」は、ファンタジー色の濃い重厚なイメージで泣ける曲が多い。
対して「ログホラ サントラ2」は、ヘビーメタル色を加えたバラエティ豊かなラインナップ
というイメージです。


サントラ2からいくつかの曲について、簡単な感想と動画を。

「01.「ログ・ホライズン」メインテーマ (2014 ver.)」
アニメ第2シリーズの冒頭を飾り、その後もここぞという場面でかかる曲です。
この曲が流れると燃えるぅぅっ↗

元々この曲が聞きたくてサントラ1を購入し、さらにサントラ2を購入して初めて、「あ、これサントラ2の曲だったのね( ̄▽ ̄;)」って気がつくオチでした。

https://www.youtube.com/watch?v=4aFJfLhCZ4A&t=42



「02.挑戦者たち」
ふいた。
バックの歪んだギターが鳴らす「ハーモニクス+チョーキング」の音に、胸をくすぐられるような気分が到来して思わず笑っちゃいました。文字で表現するのは難しいですが、
ジャツツジャツツジャラ ジャツツジャツツ ビョ~~ッ♩
みたいな感じ。(ビョ~~ッ♩ がハーモニクス+チョーキング音)
なんか往年のヘビー・メタルブームを思い出しますね。



「06. アキバの女子会I」
この曲は、楽曲解説に書かれた高梨康治さんのコメントが可笑しい。制作サイドから作曲家・高梨さんへ送られたリクエストは、
女子トーク 温泉/バレンタインとかコミカルバトル」
というもの。

対して高梨さんのコメントは、
女子トークをしたことがないので、こういうオーダーは困るんですよね(笑)。なので僕なりに想像して」

高梨さん困ったんですね(笑)
私は曲を聴いて何となく「あまちゃん」を連想しました。といっても3話しか見てませんが (=´σー`)



「14. 月の浜辺」
キラキラポロロロロン、とたくさんの水晶を鳴らしたかのようなイメージの曲。そこにコーラスが加わり、何とも幻想的です。ゲーム「ファイナルファンタジー」における、クリスタルが登場するシーンを連想しました。



「39. 希望の旅立ち」
「年少組のテーマ(35. 若き冒険者たち)」の別バージョン。
昨日見た第22話、セララとにゃん太が会話するシーンでもこの曲が使われていました。なんとも感動的な曲。今のところ、サントラ2で一番好きなのはこの曲かもしれない。




「41. バースデイ・ソング」
ハリウッド映画に「ロードムービー」と呼ばれるジャンルがありますけど、そんな「ロードムービー」の道中でかけたら似合いそうな曲です。「世界をどうこうしよう」とか決して力を入れる訳でなく、等身大視点でリラックスした心情描写と目の前に広がる風景描写を、ゆったりな3拍子で演奏しているのが耳に心地いい。

↓ バースデイ・ソングの歌詞です。

f:id:hisoka02:20150308095126j:plain

 

曲をつくった順番は、曲が先であとから橙乃ままれさんが詩をつけたんだとか。
どうりでね。原作とアニメで歌詞が変わっていたわけだ。




他にもサントラ2にはアフリカをイメージした「27. 大地人」や中国をイメージした「40. ゴー!イースト!」などがあり、サントラ2はサントラ1に比べて「バラエティ豊かなラインナップ」というイメージが強いです。
両者の違いを一番表わしていると感じるのがジャケットの絵。

↓ サントラ1

f:id:hisoka02:20150308115044j:plain

↓ サントラ2

f:id:hisoka02:20150308115556j:plain

正装&交響楽団なサントラ1に対し私服&バンドスタイルなサントラ2。
サントラ未聴の方には、2枚のジャケットを見比べてもらうのが一番両者のイメージを伝えるのに最適かもしれません。


また、もっとサントラの他の曲を聴きたいという方は。
↓ こちらをご覧くださいませ。全曲あります、たぶん。



ということで、
以上「ログ・ホライズン オリジナル サウンドトラック 2」の感想でした。



おまけ。 ↓ 作曲・高梨康治さんの出演したライブ動画を。
「フェアリー・テイル / Dragon Force」と、「ログ・ホライズン」メインテーマ (2014 ver.) のメドレーです。



フェアリー・テイルの曲もカッコイイなー


 


ログ・ホライズン 関連記事

↓ トップページに戻る
「ログ・ホライズン」 トップページ - ひそかブログ