読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

甲鉄城のカバネリ 第5話 感想 – にぶった爪に焦り窮地の無名ちゃんいいエロス

「甲鉄城のカバネリ」 第5話 「逃げられぬ闇」の感想です。

甲鉄城のカバネリ 第4話 感想 - 生駒ぁ!頑張れーっ! 連想した大谷吉継と石田三成の友情

甲鉄城のカバネリ 第4話 「流る血潮」の感想です。 甲鉄城は夜明けのトンネルを抜け。 生駒と無名はカバネ群らがる前方へと猛ダッシュ。 エールの叫びをあげる逞生たくみに感動しました。「生駒ぁっ! 頑張れぇっ!」

甲鉄城のカバネリ – 無名たちの艶っぽい色気はメイク専用スタッフとフィルター効果によるもの?

可愛い、美しい、色っぽい ― 「甲鉄城のカバネリ」第1話を見たとき、そんな無名むめいが強く印象に残りました。特にアップショット(顔から肩くらいまで入ったショット)以上の大写しになった時。なにかの “スイッチ” が切り替わるように、無名の艶やかさが…

甲鉄城のカバネリ 第3話 感想 - おもな用語&キャラクターの整理と、カバネ化対策としてのワクチン開発と問題点

甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」の感想です。 甲鉄城のカバネリも第3話が終了。 そろそろ情報を整理する頃合いかなーと思いました。自分のお勉強のために。ということで記事の前半は、おもな用語とキャラクターについての簡単な整理。後半はカバネ化…

甲鉄城のカバネリ 第1話 感想 – 監督いわく基本は “あずみ” のような時代劇とのこと

甲鉄城のカバネリ 第1話 「脅える屍」の感想です。 最初は和洋折衷の世界観に軽い違和感 「甲鉄城のカバネリ」の第一印象は大きく2点ありました。 絵がスゴイのと、和洋折衷の世界観に軽い違和感を覚えたなということ。ここではおもに作品の世界観について書…