読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひそかブログ

アニメでするリアルの話、リアルでするアニメの話。そういうのが好きです。

映画「秒速5センチメートル」感想(ネタバレあり) - ★★★★★(星5つ) いつでも捜しているよ、こんなとこにいるはずもないのに

全体印象 新海誠監督作品「秒速5センチメートル」(2007年)を視聴しました。この方の作品を見るのは「言の葉の庭」、「ほしのこえ」に続いて3本目です。 映画で一番驚いたのは主題歌「One more time, One more chance」(歌:山崎まさよし、1996年)の歌詞…

甲鉄城のカバネリ 第5話 感想 – にぶった爪に焦り窮地の無名ちゃんいいエロス

「甲鉄城のカバネリ」 第5話 「逃げられぬ闇」の感想です。

ちょっとお知らせ

今日から1ケ月ぐらいのあいだ、更新頻度が下がるかもしれません。 私にしては珍しく休日の予定が埋まってしまったので。結果的にはそれが刺激になって、あまり記事の本数は変わらないかもしれません。取りあえずのお知らせということで。今日は時間があれば…

「迷家-マヨイガ-」 第6話 感想 - 童歌の歌詞「なきわななき」を変換すると?

「迷家-マヨイガ-」第6話 「坊主の不道徳」の感想です。あたりまえの話ですが「迷家」第6話のネタバレを含みますので、読む or 読まないは自己判断でお願いします。自己判断できない人は、 処刑、処刑ですっ!(cv:らぶぽん) (すいません、言ってみたかっ…

『となりのトトロ』に続編があったら収益上げたろうけど。アニメビジネスの基本「版権事業」

増田弘道著「もっとわかるアニメビジネス」にこんな事が書かれていました。― もしも「となりのトトロ」に続編があれば、と思ってしまう ―勝手に続きの文章を予想するならば、 (莫大な利益を上げただろう) という感じでしょうか。そんなわけでこの記事では…

「迷家-マヨイガ-」 考察準備としての各キャラ自己紹介セリフまとめ(第1話より全29人)

「迷家-マヨイガ-」は考察の楽しみにあふれる作品。 その思いが強まってきました。しかしその前に必要なのがある程度の 『暗記』 じゃないかと。 考察の準備段階として、まずは各キャラの名前や特徴などを覚えていく必要があると痛感してきました。そういう…

甲鉄城のカバネリ 第4話 感想 - 生駒ぁ!頑張れーっ! 連想した大谷吉継と石田三成の友情

甲鉄城のカバネリ 第4話 「流る血潮」の感想です。 甲鉄城は夜明けのトンネルを抜け。 生駒と無名はカバネ群らがる前方へと猛ダッシュ。 エールの叫びをあげる逞生たくみに感動しました。「生駒ぁっ! 頑張れぇっ!」

2016春アニソン11選。お気に入り曲をランキング形式で紹介します

春アニメのOP・ED・挿入歌の中から、映像も含めて気に入ってるアニソンをランキング形式で11曲ほど紹介します。内容は、順位、アニメ作品名、OP/ED/挿入歌の種別、曲タイトル、動画、発売日、配信のある曲は(配信あり)、コメントをちょっと、という形に…

甲鉄城のカバネリ – 無名たちの艶っぽい色気はメイク専用スタッフとフィルター効果によるもの?

可愛い、美しい、色っぽい ― 「甲鉄城のカバネリ」第1話を見たとき、そんな無名むめいが強く印象に残りました。特にアップショット(顔から肩くらいまで入ったショット)以上の大写しになった時。なにかの “スイッチ” が切り替わるように、無名の艶やかさが…

『ガルパン』 からみた 『はいふり』 のハンデと誤算

「はいふり」を見ながら「ガルパン」に似てるって連想しますか? 私は連想しちゃいます。視聴しながら無意識のうちにもどこかで両者を比較しているように思います。ということで両者を比較しつつ共通点や相違点、「はいふり」のハンデに感じる点などについて…

映画「ズートピア」感想(ネタバレあり) - ★★★★☆(星4つ) 逆手に取った擬人化、ディズニーが満点を取らない理由

ストーリーや概要にはさほどふれず、おもに映画「ズートピア」の感想だけを書いてみます。内容は良かった点をひとつと、満点じゃない理由についてです。なまけもののフラッシュ(画像右)にずっこけたw

「迷家-マヨイガ-」 第5話までの感想 - 作品最大のネタバレ(謎)は “作品ジャンル” かもしれない

第5話まで「迷家-マヨイガ-」を視聴したので、ここまでの印象やらそこから考えたことなどを書いてみます。

甲鉄城のカバネリ 第3話 感想 - おもな用語&キャラクターの整理と、カバネ化対策としてのワクチン開発と問題点

甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」の感想です。 甲鉄城のカバネリも第3話が終了。 そろそろ情報を整理する頃合いかなーと思いました。自分のお勉強のために。ということで記事の前半は、おもな用語とキャラクターについての簡単な整理。後半はカバネ化…

はてなブログ今週のお題より。私がブログを書く理由、ブログを書かなくなる理由

どうもみなさんこんばんはー 久しぶりに更新する時は、気楽な記事から再開したくなるひそかです。ということで今回ははてなブログの今週のお題から。 お題は「私がブログを書く理由」です。 こういうお題はブログ記事として気楽でいいですね。とっつきやすい…

【2016春アニメ】 第2話のプチ感想集(12作品)

ツイッターに投稿した感想を貼るだけの簡単なお仕事。 今回の記事は第2話です。取り上げているのは「逆転裁判」「僕のヒーローアカデミア」「ジョジョ4部」「リゼロ」「くまみこ」「マクロスΔ」「ジョーカー・ゲーム」「クロムクロ」「文豪ストレイドッグス…

【2016春アニメ】 第1話のプチ感想集 その3(6作品+1)

ツイッターに投稿した感想を貼るだけの簡単なお仕事。 ようやく第1話最後の3回目を迎えることが出来ました。ふぃぃ…… ちゃちゃあっと気軽に読んでもらえたら嬉しい限りです。取り上げているのは「坂本ですが?」「文豪ストレイドッグス」「キズナイーバー」…

文豪ストレイドッグス 第2話までの感想 – 『血界戦線』っぽい雰囲気に興味を惹かれてきた

「文豪ストレイドッグス」ってなんだか「血界戦線」っぽいな。 2話まで見て興味を惹かれるようになってきた ―ツイッターでそうつぶやいて終わりにしようかと思いましたが。似てると感じた具体例を入れると2・3個のツイートよりも長文になる気配を感じたので…

「SHIROBAKO」インタビューで感じた盲点。アニメのプロデューサーについて

プロデューサーの重要度を感じたキッカケ どの新作アニメに注目するかを考えるときに。 みなさんは “プロデューサー” には着目しますか?私はまったく着目しておりません。着目度合いは0%。監督、シリーズ構成、原作があれば原作、アニメ制作会社etc…… その…

Charlotte(シャーロット) OVA(特別篇) 感想 - TV シリーズになんら遜色なし。トライアングルな人間配置の良さ、サブタイトルの深み

どうもみなさんこんばんは。 「Charlotte(シャーロット)」第7巻収録の特別篇「強い者たち」の感想です。とうぜんながらネタバレを含みます。 円盤内容、特別篇概要、感想へと移行していきますので、ネタバレ知りたくない方は適当によろしくですぅー

アニメ感想とアクセスの話。放送から遅れて書いた感想のアクセスは人気度のひとつの目安

どうもみなさんこんにちはー 今回はアニメ感想のアクセスの話です。いちブロガーとして最近、なんてことない他愛ない話ですけど、アニメの人気度を測るひとつの目安に気づきました。人気度というのはアクセス(もしくはPV、ページビュー)のことで、アクセス…

【2016春アニメ】 第1話のプチ感想集 その2(9作品+1)

ツイッターに投稿した感想を貼るだけの簡単なお仕事。 その2回目。 ちゃちゃあっと気軽に読んでもらえたら嬉しい限りです。取り上げているのは、「影鰐 -KAGEWANI- 承」(2期)「ハンドレッド」「くまみこ」「マクロスΔ」「クロムクロ」「ネトゲの嫁は女の子…

「迷家‐マヨイガ‐」 第1話 感想 - マザーグースが絡むと気持ちがちょっと上がる

「迷家‐マヨイガ‐」第1話 「鉄橋を叩いて渡る」の感想です。霧に包まれた石橋ならぬ鉄橋を。 渡った先には納鳴村(ななきむら)さながら三途の川を渡るように。 川の向こうには後戻りできない、この世じゃない世界が待っている暗示に思えました。

甲鉄城のカバネリ 第1話 感想 – 監督いわく基本は “あずみ” のような時代劇とのこと

甲鉄城のカバネリ 第1話 「脅える屍」の感想です。 最初は和洋折衷の世界観に軽い違和感 「甲鉄城のカバネリ」の第一印象は大きく2点ありました。 絵がスゴイのと、和洋折衷の世界観に軽い違和感を覚えたなということ。ここではおもに作品の世界観について書…

ジョーカー・ゲーム 第1話 感想 - スパイは武士道の対極

「ジョーカー・ゲーム」 第1話 「ジョーカー・ゲーム(前編)」の感想です。スパイの精神構造は共感しがたい。 なぜなら武士道の対極だからではないか。 そんな事を感じた「ジョーカー・ゲーム」の第1話でした。

【2016春アニメ】 第1話のプチ感想集 その1(7作品)

春アニメ第1話についての簡単な感想集です。 ツイッターに投稿した感想を元に加筆修正した記事で、作品の順番はおおよそ放送順。取り上げているのは、「ジョジョ4部」「逆転裁判」「機動戦士ガンダムUC」「僕のヒーローアカデミア」「リゼロ」「ばくおん!!」…

「Re:ゼロから始める異世界生活」第1話 感想 – 異世界で始まるリバイバル生活

リゼロ 第1話「始まりと終わりと終わりの始まり」の感想です。原作未読。 ざっと一回見ただけでの感想です。

【2016春アニメ】 期待作品ランキング7 & BS11中心の録画予定

春アニメの録画予定作品(全26本)を放送日時に沿って並べた表と、期待度による春アニメのランキング記事です。

ブブキ・ブランキ 第12話(最終回)の感想と総括 – う~ん… 主役は結局礼央子さまだったなー 全体にチャレンジングな作品だった。

「ブブキ・ブランキ」第12話、「宝島の少年」の感想と、ブブキ・ブランキ全体を振りかえる総括記事です。

宍戸のしだれ桜が開花しました。

3月26日(土曜)の午後、宍戸(茨城県・笠間市)のしだれ桜を見に行ったら、ごく一部ですが開花していました。今年(2016年)は桜の開花が早いという予想もありましたけど、こちら茨城ではだいたい平年並みのようです。

僕だけがいない街 第12話(最終回)の感想と総括 – 早く目覚めろ、悟。ギミックではなく心情に感動した最終回

「僕だけがいない街」第12話、「宝物」の感想です。“戦え!ワンダー悟” 武器は必殺技ではなく知恵比べでもなく。 心情面を武器に悟が対決する話だった僕街最終話。 八代の心理描写と、悟による彼の心理代弁に感動した回でした。それと記事の後半は、僕街をふ…

『僕だけがいない街』BD BOX(上)が届いたので紹介と感想です

3/22(火)の午後、注文しといた僕街のBD BOXが届きました。発売は3/23になっていたのでフラゲ*1ってヤツになるのかな?箱を開けて真っ先に飛び込んできたのが、 「探せ… 探すんだ違和感を…!」 のデカい文字。 (え。何これ?!)と思いつつしばらく違和感の…

ブブキ・ブランキ 第11話 感想 - 悪ぃな宗也、イチ抜けだ。大人の背負ってるものが重い……

「ブブキ・ブランキ」第11話、「不死の少女」の感想です。「あぁ時間がねぇ時間がねぇ」 口ぐせの割に全然忙しそうじゃないけど? ずっと不思議だった的場井周作の口ぐせ。彼の時間の無さとはそういう意味だったか!と驚きました。そして的場井だけではなく。…

【2016冬アニメ】プチ感想集(全15作品)

たまには気分を変えまして。 普段ほとんど書いていないアニメ作品について、ちょっとずつ感想や印象などを書いたプチ感想集の記事です。(↑ 画像はhttp://uzurainfo.han-be.com/16w.html より)

僕だけがいない街 第11話感想のおまけ – 原作&アニメ対応表、指トントン&手袋ほか

「僕だけがいない街」第11話感想の補足記事です

僕だけがいない街 第11話 感想 – 第12話の予想、青い蝶は何の象徴?

「僕だけがいない街」第11話、「未来」の感想です。今回の記事は大きく3つに別れます。 最初に第11話を振り返り、次に第12話の予想、最後に青い蝶についての話。そんな形になっています。

『灰と幻想のグリムガル』 - 死を連想した夜明けの紫

アニメ「灰と幻想のグリムガル」は、アバンとラストの空の色が印象深いです。各エピソードの最初と最後に映る空がストーリーとの関連性を持たせた色や天候で描かれることが多く、毎回毎回アバンとラストがどんな空なのか着目しながら視聴しています。グリム…

アニメの雪は良いものだけど、どういう狙いで使われるのだろう?

たったひとつのことだけを言おうとしています。 アニメに降る雪っていいもんだねって。でもどうして作者は雪を使うのだろう? 以下、アニメの雪の話や雪について考えてみた話です。

ブブキ・ブランキ 第10話 感想 - あとちょっとで手がふれたのに……

「ブブキ・ブランキ」第10話、「砕かれる心臓」の感想です。

「アドラー 心理学」の秘密をまとめた週刊ポスト記事の内容に共感した

大ベストセラー著作「嫌われる勇気」(著:岸見一郎、古賀史健)などをキッカケにずいぶん耳にする機会の増えた「アドラー心理学」 週刊ポストが2016年3月18日号にてアドラー心理学のキモの部分をわかりやすくまとめてくれていました。フロイトやユングとは…

僕だけがいない街 第10話 感想 – 真犯人は一択だったように思えるが受け入れがたい

「僕だけがいない街」第10話、「歓喜」の感想です。※原作は既刊7巻のうち6巻までが既読です。

『僕だけがいない街』のおまけ。テキトーに小ネタを5つ

ふだんの各話感想で取り上げきれない「僕だけがいない街」に関連するちょっとした話題を5つほど集めた記事です。情報はおもに公式H.P (→TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト)やツイッターなど。

今年も震災の2011年も3月は曜日が同じで当時やスタドラを思い出した

午後の仕事中のこと。 電話口の相手に「予定は3月11日の金曜日です」と念押しをした瞬間に思いました。 あっ、今年の3月は東日本大震災の2011年と曜日の並びが同じなんだなあと……

ブブキ・ブランキ 第9話 感想 - 東は東らしい心臓になりゃあいい。これまでとの“つながり” を多く感じた回だった

「ブブキ・ブランキ」第9話、「拳と拳」の感想です。心臓はかくあるべしなんて決まりは無く、自分は自分らしい心臓になればいい。さればおのずと心臓も動くもの。

僕だけがいない街 第9話 感想 - 母を見ようとしなくなった加代の目線が印象的

「僕だけがいない街」第9話、「終幕」の感想です。※原作は既刊7巻のうち6巻までが既読です。

【2016春アニメ】 から7作品。気になった作品を紹介します(その2)

来月からスタートする2016年春アニメ。 予習をしながら気になった作品を取り上げる記事の第2弾です。まずはどんなアニメをやるのか、把握するだけでも大変ですね。第1弾記事はこちら ↓

マイクロソフトSurfaceの電源コードが “リコール” になったけど問題はそこだけじゃないよね

本日2016.3.1付けでマイクロソフトからメールが来ました。 内容は、Surface Pro、Surface Pro 2と、対象のSurface Pro 3について、AC 電源コードの無償交換をお申し込みください、というものです。 (画像はSurface Pro 4)交換はさまざまな政府規制機関との…

ブブキ・ブランキ 第8話 感想 - 新キャラわらわら登場&新展開で目がテンに…

「ブブキ・ブランキ」第8話、「止まった心臓」の感想です。顔芸豊富な回だったな……

ブブキ・ブランキOPの好きなカットを集めてみた。毎回ハァイ(High!!)でふいちゃう

ブブキブランキOPの好きなカットを切り貼りした記事です。 ブブキのOPイイっすねー 大好きです。 曲が良くて動画もいい。何度見ても楽しいOPだと思います。

僕だけがいない街 - 伊藤智彦監督インタビューから5点。火サスよりも海外ドラマ感、作品全体の演出方針など

先日購入した雑誌「Febri」(フェブリ)のVOL.33に、2016冬アニメ「僕だけがいない街」の監督、伊藤智彦さんのインタビューが掲載されていました。この記事は、インタビュー内容から印象的だったところを5点ほど要約したものになります。

僕だけがいない街 第8話 感想 - 朝食が100円玉2個とか悲しすぎる……

「僕だけがいない街」第8話、「螺旋」の感想です。※原作は既刊7巻のうち6巻までが既読です。